中級者以上向けの「倍音」の話。

いろいろとコメントが来ていたので。

初級者向けの説明


初級者向けの説明だと、
「声には倍音ってやつが含まれていて、それが声質とか声の印象とかを大きく左右するよー」
「基本的には、しっかり倍音が含まれていると明るくはっきりした印象になって、いい声と言われやすくなるよー」
倍音をきっちり鳴らすには、声帯をストレスなく鳴らすことと、声を喉や口でしっかり響かせることが必要だよー」
というくらいで済ますのがまあ妥当かなー、と思います。


中級者以上にありがちな困難


しかし、中級者レベルになってくると倍音の話をするのって非常にめんどくさいことになりまして。
というのも、以前こんな記事を書いたことがあるんですが…。


「丸い響き」とか「柔らかい響き」とか。 - 烏は歌う


中級者くらいだと、「倍音がたくさん鳴ってるといい声らしい!」みたいなことを聞いてはいるんですが、「どのような倍音が多いとどのような声質になるのか」という対応関係が整理できていない場合が多いのです。
なので、
「私がこれはいい声だと思ったから、これは倍音がたくさん含まれているに違いない!」
倍音の多い声とは、よくわからないけど私の好きなタイプの声である!」
「私の声が思い通りにならないのは、よくわからないけど倍音が足りないせいだ!」
みたいな考えに陥りやすい。


倍音を強くしたいんです」と言われても、「基音も強く、だからこそ倍音もすごく強い、明るく派手な輪郭のはっきりした声(倍音の絶対量が多い声)」を目指している場合もあるし、「基音があんまり聞こえないで、倍音というか響きだけがふわっと鳴ってる感じの透明感のある声(倍音の割合が多い声)」を目指している場合もあるしで、そのアプローチ方法って真逆だから、どっちのことを意識してるのかとかから考えないといけない、とか、考えないといけないことが山積み。


倍音の単純な増やし方


基本的には、倍音の量は基音の強さに比例します。
基音が鳴るとそれに付随して倍音が発生するわけなので。


なので、声帯を無理なく鳴らし、その音が響きやすい状態の共鳴空間を作ってやれればいいわけです。


声帯に関するイントロダクション。 - 烏は歌う
共鳴に関するイントロダクション。 - 烏は歌う


倍音の偏らせ方


で、中級者以上に必要になってくるのは、倍音の単純な増やし方ではなく、
「どのような形の共鳴空間を用意したら」
「どのような倍音が響きやすくなって」
「どのように声質が変わるか」
について理解することです。


いわば「倍音の偏らせ方」というか。


そこでヒントになるのが、「母音の変化」です。
世の中にはいろんな母音がありますが、なぜ我々人間が母音を出し分けたり聞き分けたりすることができるかというと、「舌や口の形などを変えることで倍音構成を変えて、母音ごとに声の質を変えている」…ということが無意識に行われているからです。
「い」母音はなんとなく他の母音より硬くて明るいというかキンキン響くイメージがありますが、それは「い」の口をすると、高い倍音が強調されやすくなり、低めの倍音はカットされやすくなるからです。
逆に「お」母音は他の母音より柔らかくて暗くてマイルドなイメージがありますが、それは「お」の口をすると低めの倍音が強調されやすくなり、高めの倍音がカットされやすくなるからです。


母音関係まとめ - 烏は歌う


このような関係を頭に入れて、出したい響きを実現させられる口内の「広さ」と「深さ」を調節してみることが、理想の声に近づく方法となるでしょう。

何かを紹介する記事について。


久々のプチ更新。
はてな村のプチ炎上を横目に思ったことをダラダラと。


○○を10曲紹介!みたいなエントリについて


基本的にこういう記事は、タイトルからして「アクセス数稼ぎたい!!」みたいな思いが強すぎるので、ピュアなファンには警戒されやすいものである。
俺たちの好きなものを雑に扱って金に換えようとするんじゃねーみたいな嫌儲的な反応もあるし、そういうの抜きにしても、好きなものに対する紹介コメントや選曲が的外れだったりイマイチなものであればそりゃあイラッとする。


じゃあそういう元々のファンの反応を良いものに変えつつ、本当に何も知らなかった人からも良く思われるエントリにするにはどうするか。
基本的にこういう記事は、
「私はこんなにこれが大好きなので」
「ぜひとも紹介したものを知ってもらいたい」
という動機で書かれるということになっているので、そのどちらかに力が入っていれば、ネガティブな意味で盛り上がることはまずないと思う。
で、「ほんとうに好きな人が真面目に書いた記事であれば、どちらの面から見ても満足できる記事になる」…とは限らないが、少なくとも良記事だなーと私が思うものはだいたいどっちから見ても満足できるものが多いですね。


「私はこんなにこれが大好きなので」という気持ちを軸に記事を書くとしたら、やっぱり選曲から「俺はこのアーティストのこういうところが好きなんだ!こういうところを聞いてほしいんだ!」ってのが見えるチョイスになっていていて欲しいし、紹介コメントも「こういうところが好きなんだ」ってのがにじみ出る熱い文であったり、逆に好きすぎてなんも書けねえみたいなのを感じさせてくれる「熱い沈黙」であって欲しい。
「他になんか書くことなかったん?」「その一言は必要だった?」みたいなどうでもよさげなコメントがついてると、非常に読んでて萎えるので書かない方が良さそう。


「ぜひとも紹介したものを知ってもらいたい」という気持ちを軸に記事を書くとしたら、いろいろな意味で「紹介するため、見聞きしてもらうための工夫」ってやつが必要になりますね。
紹介コメントも興味をそそるような内容が望ましいし、選曲も「時系列にしてチョイスしたり、逆順で並べてみたり」とか「いろんな曲調の曲がある中で、それぞれピックアップしてみたり、あえて初心者受けが良さそうな曲調を厳選してまとめてみたり」とかとにかく工夫が欲しいよね、と。


まとめる人の熱意や執着、もしくは見る人への配慮、このどちらも感じられない「○曲まとめました」系記事は「ただの羅列」にしか見えず単純に面白くないので、書くならそれなりのプランを持って書いた方が良さそう。
うまくやれば、大好きなあのアーティストの曲を今まで見聞きしたことのない人とシェアできたり、すでに好きな人と楽しく盛り上がれるかもしれない。
「俺的ベストアルバムを作るなら」ってネタで音楽ファン同士で盛り上がることって結構あると思うんだけど、そういう気持ちでやればそうそう失敗することはないと思うな。


余談


そういう自分はどうなんだと思い返してみたところ、こういうリストアップ型紹介記事って、余談でビールのこと書いて以来やっとらんかったわ…。


酒を飲みつつ考えてた、「官能表現」のこと(ただし後半はほぼビールの話)。


さすがに全然ブログのテーマと関係ない記事だから伸びなかったけど、実はけっこうお気に入りだったりする。

音色とか声質とか母音の話について。


しばらく見ていないうちに、音色や母音に関する質問がいくつか来ていたようなので。


音色の変化について


声というものは、「どのような状態の声帯に、どのような息が通ったか」+「そのとき、共鳴腔はどのような状態だったか」によって決まります。
で、声の「音色」「声質」というものについては、特に後者の「そのとき、共鳴腔はどのような状態だったか」というのが大きいとされています。


で、具体的に「共鳴腔がどのように変化すると」「声質にどのような変化が起こるのか」というと…
ちょうど一年前に、こんな記事を書きました。
母音関係まとめ - 烏は歌う


音色の変化は良いものなのか悪いものなのか1


で、
「声質が発音する言葉(子音・母音)によって違いすぎてしまう気がするけど、どうしたらいいのか」
「発声したい音の高さによって、声質が違いすぎてしまう気がするけど、どうしたらいいのか」
というお悩みを持っている人が多いようです。


これについては程度問題なので、「自分が狙っている、本当にやりたいバランス」と「それが実際に他人にどう聞こえているのか」を突き詰めるしかないです。
最近なんでも「程度問題」「程度問題」と、御用学者か政治家のような物言いに終始していて、明確な答えを出すことができませんが、本当に「程度問題」としか答えようがないです。


例えば、「言葉(子音・母音)に応じて、一文字一文字はっきり声質を変える」という発声をすれば、
メリット:滑舌が良い印象を与え、言葉を正確に伝えられる
デメリット:音楽(特に声楽、クラシック)的な滑らかさや情緒に欠ける
…という関係があります。


逆に、「可能な限り最小限の母音・子音の変化で全ての言葉を発声する」というやり方なら、
メリット:(声楽的な)美しい発声をキープしやすい
デメリット:滑舌が悪い印象を与え、言葉を正確に伝えにくくなる
…となり、裏表の関係になります。
なので、「正確に歌詞を伝えたいのか」「もっと非言語的なイメージを重視したいのか」によって、着地地点は違います。


どの程度、歌詞を聞かせるつもりなのか。 - 烏は歌う


音色の変化は良いものなのか悪いものなのか2


また、「音の高さによって音色が変わる」ことも、メリットデメリットの両面を踏まえた上で、自分のやりたいバランスを考えることが大切です。


基本的に、共鳴腔ってのは「どんな音域でも、広ければ広いほど良い」というものではなくて、
・低音では広いほど鳴らしやすい
・高音はある程度狭い方が鳴らしやすい
という関係になっています(かなり色々と省いて言うと)。


でも、「出しやすいから」といって高音で共鳴腔を狭めすぎると声質がキンキンしてしまってうるさいし、かと言って(低音を出しているときの状態のまま)大きく開いてしまえばそれはそれで高音が出しにくくなるし綺麗に響かなくなってしまうので、「高音では、共鳴腔をほどよく狭める」「音域によって、ほどよく声質を変化させていく(変化させすぎない)」のが大切ですよねー、という話になりますね。
また、目的によって、「とにかく高音の限界にチャレンジ!とにかく音程が届きさえすればいい!」って場合なら思う存分キンキン声で出せばいいですし、「中音域と声質を変えずに高音も歌いたい!」って場合は、ちょっと限界最高音の高さは妥協せざるを得ないかと思います。


音色の変化は良いものなのか悪いものなのか3


あとは「個性の演出」との絡みも大事ですね。


「自分の個性なんてどうでもいいから、歌に合わせて最善のものになるよう声質を変化させるべきだ!」という考えも、「自分の個性を最大限活かせるように、自分の一番美味しい声質だけを使えるように、歌の方を自分に合わせるべきだ!」という考えも、どっちも正解だし一長一短。
基本的にクラシック路線だと前者の割合が大きくなるし、ポップス路線なら後者の割合が大きくなる傾向はある。
そして突き詰めると、どっちであれ「個性なんていくらあっても、色々な場面に対応できる技術が伴ってなきゃ要らない」「個性の無いやつは、どんなに技術があろうがいくらでも替えがきく」という永遠に続く板挟みの世界に突入する。


なのでまあこの辺も、どのくらい個性を出して、どのくらい曲に合わせるのか、バランス次第。

「喉の力を抜く、喉の力が抜けていない」という話について。


ここしばらくはなかなかブログに割ける時間が少なく、またコメントに気づかないことが多くなってきたので、コメント欄クローズしてFAQ的なまとめエントリーでも作ろうかなーと思い始めてはや一年。
今年こそはやるかもしれない。


「喉の力が抜けているのでしょうか?」的な質問について


上手くなりたければ、もしくは問題を解決したければ、こういう質問はしてはいけないし、こういう質問をされても答えようがありません。
と、私は思います。


…というのも、まず「喉」というのが、いくつものパーツから構成される器官ですので、喉の「具体的にどの部分」のことを話しているのかわからないからです。
「喉に力が入ってる」って、その力が入っているのは声帯なのか、喉頭なのか、咽頭なのか、軟口蓋なのか、舌なのか、顎なのか、唇なのか…によって、何がどうなって、何をどうすべきなのかは全く違うからです。


また、「力が抜けている=いい発声」というのも、指導としてはやや無責任な指導ですし、「完全に力が抜けている状態が理想の発声」というのも誤解を招きやすい表現です。
というのも、本当の意味で100%どこにも力が入っていなければ呼吸もできないし、立ったり座ったりしていることもできないし、声帯を近づけることができないので声は出せないからです。
もちろん、「余計な力」は入れない方が絶対にいいんだけど、余計でない適度な力は絶対に必要なわけで。
このブログで何度も書いているように、「程度問題」なんですわ。


チェックの方法というか


とりあえず前のいくつかの記事では、
「3オクターブ前後の声域を、できる限り滑らかに繋げて出せるようになること(ミックスボイスの実現)」ができていれば、とりあえずだいたいのバランスは取れていると言えるかな、
と呼吸・声帯・共鳴の三点について書いてきましたが、だいたいこんな感じです。


それができないようなら、どっかで力が入りすぎてたり、抜けすぎたりしてるはず。
逆にこれができていれば、外見上どっかに力が入っていたり、力が入っているような感触がしたり、逆に力が入っていないさそうに見えたりしても問題は無い。
「いい声を出すために力を抜く(必要があるときもある)」わけで、「力を抜かなきゃいけないから力を抜く」という風になってはいけない。


ただまあ、初心者に急にボイトレやらすとガッチガチになっちゃうことが大半なので、「まず力を抜け」ってのは理がないわけではないんですけどね。
特に胸、肩まわりの緊張は「極度に緊張した音色」を表現したいときを除いては害が大きすぎるので、まずその辺の脱力から入るのは定番ではあります。


また、漠然と「喉の力を抜け!」というボイストレーナーはやっぱり何かおかしいので、できるだけまともな先生と出会えるよう頑張るのも大切です。
まともなボイストレーナーなら、「喉」なんて漠然とした範囲ではなくもっと具体的にどこがどうなっているのか教えてくれますし、また、「力を抜け」なんて漠然とした指示ではなくもっと具体的な方法(姿勢やら呼吸やら、だけではなく母音の扱いとか効果的な舌や顎のストレッチ方とか)を教えてくれるはずです。


ありがちな勘違い1


「きちんと脱力して、理想的な発声ができていれば、どんな高い声も出せる!」
…というのは、さすがに幻想ですし、限度があります。


音域関係は何度も書いていますが、
・人間がチェスト〜ヘッドボイスを無理なく使って出せる生理的な限界はだいたい3オクターブ前後
(声が低い人ほど音域は広く、声が高い人ほど狭いので、ベース系の男性は4オク近く出せたり、ソプラノ系女性は2オクちょっとしか出せなかったりもしますが、ほとんどの人はこの辺に収まります。)
・それ以上の高音を出すとなると、いわゆる「ホイッスル」などと呼ばれる特殊技能が必要
って感じの認識でいるといいと思います。


最高音がこんな感じになっちゃうんだけど、生理的な限界なんでしょうかただの「力み」のせいなんでしょうか…みたいな質問をよく受けますが、まずは最低音から逆算しましょう。
また、人間の声域って基本そこまで個人差があるわけではないので、近いタイプの人と比較しましょう。
○○みたいな高音はどういうことなの!?みたいな質問もよく受けますが、それは単にむちゃくちゃ最低音も最高音も高いタイプか、無理して出してるか、ホイッスルなどの特殊な技法を使っているかのどれかです。


ありがちな勘違い2


「きちんと脱力して、理想的な発声ができていれば、どんな大きな声も出せる!」
…というのは、さすがに幻想ですし、限度があります。


基本的にはチェストボイスの真ん中〜高めくらいが一番声量出せますし、脱力しなきゃ出せない低音や、振動体が薄く小さくなるミドルボイスやヘッドボイスはどうしてもチェストボイスより声量落ちます。
これは物理的、生理的に仕方ないことです。


ありがちな勘違い3


「きちんと脱力して、理想的な発声ができていれば、どんなに歌っても疲れない!」
…というのは、さすがに幻想ですし、限度があります。


もちろん力が抜けていた方が疲れにくいのは事実ですが、あなたが「脱力」できないから疲れているのではなく、疲れているから「脱力」できていないんだ、という感じの人は過去に何度も見てきました。
どんなに理想に近い練習環境でも、一日に数時間とか、一週間合計で十数時間とか、そのくらい練習したら喉(声帯やそのまわりの粘膜も筋肉全般も)は疲労して消耗して当然だし、「違和感や痛みを感じる」なんてことはあり得なくはないです。
さらに、色々と整ってない環境だと、そこそこボイトレ経験してる人でも15分もあれば喉をぶっ壊せます。
雑多なメンバーと行くカラオケとか、素人サークルの合宿集中練習とかな。
なのでまあ、喉に違和感を感じたら「練習量でどうにかしよう」と考えると泥沼なので、ちょっと休みつつ練習の効率とか考えると良いです。

共鳴に関するイントロダクション。

共鳴について


声帯で鳴った音は、それだけでは小さく、また言語的な意味も音楽的美しさも持たない、本当に単なる雑音みたいなものです。
(とは言え、声帯原音がどうでもいいってわけじゃないけど。)
その音を、「共鳴」させることで「音量」「音質」を整えることによって、ようやく「声」と呼べる音になります。


共鳴する場所


基本的には、声帯の上の「喉頭腔」という空間から「咽頭腔」、そして「口腔」という空間が、人間の声の主な共鳴腔となります。
声帯から、のど、口を通って唇までの空間ですね。


発声について調べてみると、よく「低音は胸に響く!」みたいなことを見かけるかと思うのだけれど、それはあくまで「感覚」「イメージ」の話であって、実際に胸が特殊な共鳴を起こしていたり、それが声に明らかな影響を及ぼしているということは実際には無いようです。


「鼻腔共鳴」とか「頭部の共鳴」とかも同様。
「鼻に響かせよう」とすることで、口腔や咽頭腔の形が変わり、それによって声の状態が変わることもある、というのが実際のところのようです。
本当に「鼻腔に強く響いている声」というのは、あらゆる母音に常に「n」の音素が混入した「鼻音」という状態になりますので、これが良い声かというと…あんまり言えない場合が多いです。


共鳴腔の大きさについて


共鳴腔の大きさについては、「音の高さや声質に応じて、ほどよい大きさ」であることが重要です。


「共鳴腔は広ければ広いほど良い!」と思っている人も多かったりするようですが、大きすぎるのも問題があります。
楽器などを思い浮かべてみればわかりやすいのですが、基本的に
「音が高く、細い楽器ほどボディが小さい」
「音が低く、太い楽器ほどボディが大きい」
という仕組みになっております。
人間の声も同様に、高い音はあまり共鳴腔を広げすぎても上手く響かなかったりしますし、また声質が音高に対して太くなりすぎて気持ち悪くなったり、むりやり共鳴腔を広げようと力むことで声に悪影響が出たりもします。
もちろん、共鳴腔が狭すぎれば、声量も出てきませんし、声質も細すぎて貧しい声になったり、上手く口内の筋肉が使えなくなったりします。


「ちょうどよい」共鳴腔の状態になっているかどうかチェックするには…
もうほぼコピペですが、とりあえず無難な目安としては「3オクターブ前後の声域を、できる限り滑らかに繋げて出せるようになること(ミックスボイスの実現)」ができていれば、とりあえず「ほどよく共鳴腔を広げる」ことのバランスは取れていると言えるかな、と。
ミックスできずにどっかで「共鳴腔広すぎ」「狭すぎ」の症状が出るようなら、そこで共鳴腔を広げたり狭めたりすると良い。


とりあえず王道の練習法としては、
「とりあえず、色々な出し方で色々な音域の声を出してみる」
「それを先生に聞いてもらう」
「どこでどうなってるのか教えてもらう」
「修正する」
というステップを踏まないといけない。
先生がいなければ自分で判断するしかないけれど、自己診断というのは非常にとても大変スーパー難しいので、できる限り信頼できる人についてやったほうがいい。


共鳴腔の変化をどのくらいつけるかについて


共鳴腔の大きさや形は、「音の高さ」や「母音(声質)」によって変化が必要なわけですが、これを「どの程度変化させるのか」というのが非常に難しい。


大きく変化させた場合…
・母音が一音一音はっきり変化するため、滑舌よくハキハキと聞こえる
・高音も低音も出しやすくなり、出せる音域が広がりやすい
・口内の筋肉がよく動くため、適切な力を込めて声を出しやすくなる
というメリットがある一方、
・一音ごとに声質が激しく変化するため、言葉が不自然になり、逆に聞き取りにくくなってしまうこともある
・高音と低音で声質が激しく違ってしまうため、表現上不利になってしまう場合もある
・口内の筋肉が動きすぎて、変な力みが生じてしまうことがある
というデメリットも生まれてきます。
共鳴腔をあまり変化させない場合は、この真逆の状態になります。


なので、この辺りも「ちょうどよい状態」を探っていく必要があります。

声帯に関するイントロダクション。

ちょうどよい、声帯の閉じ具合。


声帯は、前の記事で書いたように、「声帯には左右のひだがあって」、それが「開閉する」ことによって「空気の圧力の波」をつくることで音を鳴らします。
で、声帯の左右のひだをどの程度近づけるかによって、声というのは大きく変わってきます。


左右のひだが離れた状態だと、あまり「声帯を閉じようとする力(ベルヌーイ効果)」が生まれず、左右の声帯のひだが閉じている時間が短くなり、あまり「空気の圧力の波」が発生しません。
つまり、音量があまり出ませんし、息を声にする効率がすごく悪い状態であると言えます。
また、息漏れっぽいノイズも混ざりやすく、声質的にもあまり美しくないとされる。
また、高音を出すときに、声帯が完全に閉鎖しなくなってしまい、「ファルセット」と呼ばれる状態になりがち。


では、近づければ近づけるほど良いかというと、やっぱり限度があります。
近づけ過ぎると、「エッジボイス」的なノイズ(ガラガラというか、ギギギというか、バチバチというか…そんな音)が混ざってあまり美しくないです。
また、声帯を近づけようと力んでしまうと、力んだ声帯は上手く振動しませんので、やっぱり効率が悪いです。
そして、高音でむりやり声帯を力ませて近づけ過ぎた状態で発声しようとすると、いわゆる「引っ張りすぎ」な「地声」になってしまい、音程が乱れてしまったり、怒鳴り声状態でしか高音が出せなくなってしまったり、声帯がコントロールを失っていきなり裏返ってしまったりします。


もちろん、わざと「エアリー、ハスキーな声が出したい!」という場合は声帯を緩めに閉じればいいですし、敢えて「エッジーな声が出したい!」というときは声帯を固く閉じればいいです。
あくまで一般論ね。
あと、「声帯がきっちり閉じずにハスキーな感じなのに、エッジーなノイズもすごく鳴る!」とかいう場合は、声帯にポリープができているなどの問題が起きている可能性もあるので、病院で診てもらうことも考えましょう。


「ちょうどよい」声帯の閉じ具合になっているかどうかチェックするには…
ブレスの時と全く同じで、とりあえず無難な目安としては「3オクターブ前後の声域を、できる限り滑らかに繋げて出せるようになること(ミックスボイスの実現)」ができていれば、とりあえず「ほどよく閉じる」バランスは取れていると言えるかな、と。
ミックスできずにどっかで「声帯を閉じれてない」「声帯を閉じようとしすぎ」の症状が出るようなら、そこで声帯を近づけたり離したりすると良い。


とりあえず王道の練習法としては、
「とりあえず、色々な出し方で色々な音域の声を出してみる」
「それを先生に聞いてもらう」
「どこでどうなってるのか教えてもらう」
「修正する」
というステップを踏まないといけない。
先生がいなければ自分で判断するしかないけれど、自己診断というのは非常にとても大変スーパー難しいので、できる限り信頼できる人についてやったほうがいい。


声帯を強く閉じたり、軽く閉じるトレーニン


声帯を閉じたり開いたりするトレーニングは色々なところで紹介されていると思うけれど、けっこう色々混乱してるので、やる前に一回「そのトレーニングで本当に狙っている効果が出せるのか?」というのは考えてみた方がいいですね。
例えば「腹圧を上げる」系のトレーニングは、どちらかと言えば「声帯をより近づける」系の効果があります。
起点である腹で力をかけるだけじゃなく、出口である声帯の方も閉じないと「圧力が高まる」ことはないですからね。
なのに、この「腹圧を上げる」系のトレーニングを「声帯の力を抜くトレーニング」として紹介してるのをちょくちょく見ますし。


とりあえず普段の発声練習で知っておくと便利なのは、


・音の幅が狭い発声練習
(ドレミファソファミレドーとかの隣り合った音を使うメロディーや、グリッサンドとか)
→声帯をしっかり近づけ、強く閉じる発声になりやすい


・音の幅が広い発声練習
(ドミソドソミドーとかの離れた音を使うメロディーとか、オクターブ跳躍とか、無理に力まない本来の意味でのスタッカートとか)
→声帯の力を抜き、軽く閉じる発声になりやすい


という関係になっているので、これを意識しておくと調節がしやすくなります。


声帯の上下動


声帯の前端は、「喉頭(のどぼとけ)」にくっついています。
なので、喉頭を上下させると、声帯の前端が上下に引っ張られます。



で、この喉頭のように喉頭が上下することで、声帯が軽く引き伸ばされます。
軽く引き伸ばされることによって、声帯という「弦」にほどよい張力がかかり、振動しやすくなる、と言われている。


また、「声帯の上がった状態」というのは、「ものを飲み込むときに声帯が強く閉じ、気管を閉鎖して食道への道を開き、声帯にものが入らないようにする」ときの動きです。
なので、
・あまり「発声」には向かない状態であるとされる
・声帯が固く閉鎖されてしまいやすい
・声帯を閉じる感覚がぜんぜんわからない人は、喉頭上げた状態で発声して感覚だけおぼえるのもいいかもね
…という感じ。


なので、発声時には「喉頭がちょっと下がった状態」が最適と言われている。
ただ、やっぱりやり過ぎはいけないというか、「下げれば下げるほど良い声になる」というわけではないし、「適度」な状態を探すべき。

雑な図で見る、声帯が鳴る仕組み。

声帯の開閉


「声帯の二枚のヒダが開閉することで、音がなる」
というのは、けっこう広く知れ渡っていますね。


で、たまに聞く勘違いが、
「声帯の二枚のヒダが開閉することで、”ぶつかり合って”音がなる」
という勘違い。
これは間違いですよー。


声帯がぶつかり合っても、それはいわゆる「エッジボイス」や「ボーカルフライ」とか言われる、「ガラガラ」というか「バチバチ」という感じの音しかならず、一般的な意味での「声」の元の音にはなりません。


疎密波


じゃあ、どのように声帯で声の元になる音が鳴っているかというと…。


イメージしてみましょう。
一本の廊下を、等間隔に人が歩いています。
その通り道に、「一定間隔で開閉している扉」があります。
では、人の流れはどのようになるでしょう?


※矢印描き忘れたけど、下から上に向かって赤球が進んでいるものと思ってみてね!



扉が開きっぱなしだと、流れは一定ですが、



扉が閉じると、扉の手前は渋滞しますし、扉の奥には一時的にだれもいないスカスカ状態になります。



で、また扉が開くと、扉でせき止められた人が一気に出て行って、その後しばらくはまた元通り一定の流れが続く。


…という感じ。


そういう感じで、声帯が開閉することで、空気の「圧力」にムラ=波、振動が生まれるわけです。
声帯で一瞬だけ息の流れがせき止められることで声帯直下の圧力が高まり、逆に声帯直上の圧力は低くなります。
これによって、息の「圧力」に、圧力高い(密)→圧力低い(疎)→圧力高い(密)→圧力低い(疎)…という「疎密波」が起こるわけですが、これが声帯で鳴る「声の元になる音」の正体。


扉同士がぶつかり合っている音が重要なのではなく、扉の開閉によって流れにムラができていて、その波が声という音の元になるのです。


ベルヌーイ効果


で、その声帯の開閉についてですが、人間が自分の意思で開閉しているわけではありません。
そりゃあ、一秒間に数百回も等間隔に開閉するとか、人間の神経で追いつくわけもないし。


で、声帯が「なんで閉じるか」というと、「ベルヌーイ効果」というやつのせいです。
ベルヌーイ効果とは、簡単に言うと、

空気や水の流れがはやくなると、そのはやくなった部分は圧力が低くなります。はやく流れるほど圧力は下がり、まわりの空気や水が流れこみます。

という物理現象です。


空気や水の流れのひみつは? | 札幌市青少年科学館



で、声帯に於いては、声帯の二枚のヒダが近寄ることによって、当然その部分が狭くなり、狭くなった分だけ空気が通り過ぎる速度は速くなります。
なので、ベルヌーイ効果によって、その声帯をさらに狭め、閉じるような力が発生します。



で、このようにして声帯が閉じれば、今度は声帯直下に溜まった空気が、声帯を押し開くような力を生みますね。
これによって、声帯は開閉します。


音量と音高


で、「高い声を出したり、大きな声を出したりするのに、大量の息は必要ありませんよー(少なすぎてもダメだけど)」というのを最近なんども書いているのですが、それについて改めて。


(声帯レベルでの)音量は、空気の流れの疎密波の振幅、つまり「空気が密な部分と疎な部分の圧力の差」によって決まるわけです。
「息の量がものすごく多くても、垂れ流してしまって圧力に差がつかなければ、声量は生まれない」
「息の量がある程度少なくても、ちょうどよく声帯を閉じてきっちり圧力に差を作ってやれば、大きな声量が生まれる」
という関係になっているからです。
だから、声帯に制御できないレベルでの無駄に多い息の量だと、むしろ声量だせなくなっちゃうよー、と。


また、声の高さについては、「声帯が一定時間に何回開閉するか」によって決まりますので、息の量は全く関係ありません。
なので、
「息を大量に吐かないと高音が出ないというのは、なにかが間違っている可能性が高い」
「むしろ、声帯をスムーズに振動させやすい程度に少なめの息、小さな音量の方が高音が出しやすい場合も多いので、そうならない場合はなにかが間違っている可能性が高い」
という感じ。