BUMP OF CHICKENの藤原基央に学ぶ、「語るように歌う」ということ

今日はふと、久しぶりにBUMP OF CHICKENを聞きたくなりました。


聞いてみて、良さを改めて確認したので、少しBUMP OF CHICKENのボーカル、藤原基央さんについて書いてみようと思いました。
と、いうわけで、「ボイトレ○○に学ぶシリーズ」第2弾は、このテーマで行こうと思います。





BUMP OF CHICKENの音楽の素晴らしい点は本当に色々ありますが、その中でも特に知られているのは、多くの人の心を震わせる「歌詞」の力ですね。
そして、ボーカルの藤原さんの声と歌い方が、その歌詞をさらに素晴らしいものにしています。



まず、歌詞が聞き取りやすいこと。
「発音がいい」というよりは、歌詞と声の雰囲気がシンクロするので、聞き取れない言葉が少々あっても情景が浮かんでくる、という感じ。
低・中音域はもう、歌うというより「語りかけて」いますね。
歌詞が聞き取りにくいと、どんなに良い歌詞を書いても意味がないですからね。

そしてもう一つ、その声の優しさと感情表現力がすごい。
良い歌詞が書けて、それを100%正確に聞き手に伝えられたとしても、それだけじゃ感動は生まれません。
藤原さんは、その声と歌い方によって、歌詞の世界をただの「言葉」以上に、さらに鮮やかに表現しています。



そんな藤原さんの「良さ」の源は、「語るように歌え」という歌のセオリーをかなり高いレベルで実現できていることだと思います。
飾り立てた声ではなく、本当に素のままの声で歌っているからこそ、歌詞も素直に聞き手に届くし、歌い手の「感情の揺れ」を聞き手が無防備に受け取ってしまうのでしょう。
また、無理に作った声でないので、藤原さんの人間性というか優しさとか暖かさとかがストレートに聞き手に伝わるのでしょう。



比較のために、ラジオでの喋り声も紹介。
D



すごく優しい良い声だなー・・・と思います。
で、上に紹介した曲なんかと同じような声で普段から喋ってることがわかりますね。
この話し声を保ったまま歌うから、あんなに優しい歌になるのでしょう。



そんな訳で、「語るように歌う」ということができれば、藤原さんのように歌で多くの人を感動させることができるかもしれません。



○「語るように歌う」ために

・声を「作ろう」としない
エリック兄さんもSLSのJohn Henny氏も、とにかく「声を作ってはいけない」と言っています。
「格好良い声で歌いたい」「素の声に自信がない」「憧れのあの人みたいな声で歌いたい」・・・
などなどの理由で、どうしても声を作りたくなってしまいますが、なんとかこらえて下さい。


声を作った状態で歌おうとすると、喉に変な力が入ってしまい、負担がかかってしまいます。
また、不自然な声では母音や子音の発音が歪み、せっかくの歌詞が伝わらないかもしれません。
さらに、声による微妙な感情表現が邪魔されて、「説得力の無い歌声」になってしまいます。



・「朗読と歌を交互に繰り返す」という練習
これは王道な練習方法ですね。
歌を歌うとなると、メロディーやリズムに沿って変な強弱などがついてしまったりして、「語り」の時と違った感じになってしまいがちです。
そうなると、「言葉」にならず、詞が聞き手に届きません。


なので、朗読と歌を交互に繰り返し、できれば録音なんかもしてみましょう。
感情を込めて朗読できたら、そのまんまメロディーをつけてやればいいだけです。
・・・これがまた難しいんですけどねー。


あと、朗読するときの表情だとか、腹筋の使い方とか、呼吸の深さだとか、そういう感覚を憶えることも、「語るように歌う」ために重要です。
感情を込めてそれっぽく朗読しようとすると、「表情は豊かに」「呼吸は絶妙に深く」「感情に応じてブレスは勢いが出たり慎重になったり」って感じになると思います。
それをそのまま歌でやれれば、非常に「説得力のある歌声」になります。



○最後に
人間は、「心の深いところ」を声として表現する能力を持っています。
これは「言葉以前」の時代から持っている能力です。


だから人前で歌を歌うって、よく考えると怖いことなんだよね。
プラスの感情もマイナスの感情も、聞き手には全部ばれちゃうから。
「人前で歌うってことは、人前で裸になるってことだよ」
という言葉を以前聞いたことがあって、その通りだなあ・・・と、合唱やって4年目くらいに思いました。


「心の深いところ」は声帯や横隔膜、表情筋や腹筋背筋の微妙な加減によって表現されます。


・その動きを邪魔しないこと(声を「作ろう」としない)
・その微妙な加減に敏感になること(朗読の練習、など)


「語るように歌う」には、この2つの観点が必要です。


そういう意識は、長期的に見れば「滑舌練習」だとか「声量アップ」だとかをやるより数倍、聞き手に想いを届ける手助けになるでしょう。