録音機器が壊れたので、新しい録音機器の購入について考える

大学時代から使っていた、ボイスレコード機能のついたMP3プレイヤーが、ちょっと前に壊れてしまいました。
一回物理的な衝撃を与えてしまってから、内蔵マイクが死んでる…。


録音機器と言えばボイストレーニングには必須のものであり、特に私の様に「指導者無し」の状態にある者には欠かすことのできないものであり、
仮にボイトレ3種の神器を定めるとしたら、私なら
・録音機器
・鏡
・えーと…、あ、あとで考えます
という風になるかなーってくらい重要なものなんです!



○現状


で、今はちょっとした練習を録音するのに、
「携帯電話のボイスレコード機能」
を使っているんですが…
ちょっと限界を感じます。


結構簡単に音割れるし、どういう角度で音を拾っているのかイマイチわからないし…
なにより「音質」がやっぱりしょぼい。
これはマイクがしょぼいのかスピーカーがしょぼいのか…
たぶん両方だな。
うちの携帯だと、私のような「ど素人」でも、チェスト→ミドルボイスを全くブレイク無しで繋げているように聞こえてしまいます(笑)。



○録音機器について色々(私見


そんな感じなので、新しい録音機器の購入を検討中。
新生活の色々が落ち着いたら買いたいところですが、春はお金ばっかり出て行って嫌なものですねえ…。


適当に手軽に電気屋などで手に入る録音機器を挙げれば、
ボイスレコーダー
・マイク(ビジネス用、PC用、音楽用…)
・MP3プレイヤー
なんかが主なところでしょうか。


・携帯
普通の携帯のボイスレコード機能(電話の受話マイクを流用)と、その他の間には、やはり超えられない壁があるように感じています。
ただ、「声質は別に必要なくて、自分の滑舌とか音程とかリズムとかが確認できればいい」って感じの人には十分な性能だと思います。


・MP3プレイヤー
録音機能つきのMP3プレイヤーが、今のところ私の一番のお勧めです。
やっぱり、わざわざ「録音」のためだけにお金をつかう、ってのはちょっと心理的にハードルが高いので…MP3プレイヤーを購入、買い換えする際に、ちょっと検討してみましょう。


手軽に持ち運び、使用ができて、「音質」はそこそこです。
古め・安めのビジネス用マイク(会議の録音とかを主な用途にしているマイク)と互角くらいの音質で、「声質」についても必要最低限わかるレベル。


あと、スピーカーと繋いで「みんなで」聞いてみたり、LINE-IN端子がついていればマイクと接続して録音の音質を良くしたり、パソコンと繋いでネットにアップしたりメールで送ったり…
と、拡張性がけっこうあるのも便利です。


ボイスレコーダー
ボイスレコーダーの音質、使い勝手は、値段によって本当にピンキリですね…。
まあ、「録音して再生」が存在価値なので、大外れすることはないと思います。


MP3プレイヤーと同じく、持ち運びやすく、端子次第でかなりの拡張性。
かつ、シンプルに使う分には、デジタル機器に弱いおっさんでも扱えるシンプルさ!
(↑うちの父さんでも使えてるから安心だよ!)
仕事などでも「録音」を頻繁に行う方には、余計な機能がついていない分、使い勝手がいいかもしれません。


・マイク
マイクの利点ですが、形状によって「会話用」「ボーカル用」「広角用」「遠距離用」「遠距離ピンポイント用」…と個性があって、用途によって選べるのが、こだわる人には嬉しい点。
また、基本的に端子さえ合えば何とでも使えるので、使い方の可能性は無限大。(これはさすがに言い過ぎか。)


マイク自体に録音機能は無いので、何かと組み合わせる必要があり、上のお手軽録音機器よりかさばってしまうのが弱点と言えば弱点か。


ビジネス用のマイクは、上のMP3プレイヤーや一般的なボイスレコーダーと比べて、そんなに音質の違いがわからないレベル。
(私が使ったことがあるものが良くないものだった可能性もありますが。)
ただ、録音レベルなどの細かい調整ができる場合もあり、それならかなり使い勝手が良いです。
値段は、意外と高いこともあるので、慎重に選びたいところ。


PC用マイク(スカイプとかやるやつね)、実は使ったことがないので使い勝手がわからないのです…。
音質とか、どんな感じなんでしょう?
比較的、価格帯が広く、安いのから揃ってますね。


音楽用のマイクは、やはり他のものとは一線を画す音質になります。
高いのでちょっと買うには度胸が要りますが、ある程度いいものを持っておくと、
「本格的に宅録したい!」
とか思ったときに、そのまま使えていいのかもしれません。