喉を開くということ

みなさんは、「喉を開いて発声して!」と言われたらどういう風に声を出しますか?


だいたい、


1.軟口蓋を引き上げ、喉仏を下げる
  (喉を「上下に開く」イメージ)
2.声帯を締め付ける力を緩め、息混じりの声にする
  (喉を「左右に開く」イメージ)

のどちらかの反応が起こると思います。


基本的には1が、ボイストレーニングにおける「喉を開く」にあたります。



○同じ指示でも、正反対の効果


実はこの2つ、同じ指示によって起きる反応なのですが、効果が正反対です。
やってみるとわかるのですが、軟口蓋を引き上げ、喉仏を下げると、声帯が締り、息漏れが減り(声立てが強くなり)やや太い声になると思います。
2の状態とは正反対の状態になりますね。


以前も書きましたが、この辺の言葉遣いは非常に難しいものがあります。


初心者さんに「喉を開きなさい!」と言うと、2の方をやってしまって、逆に悪化してしまうことが多いです。
そういう時は、別の言葉を考えて指示をする必要があります。


また、悪いボイストレーナーにあたると、この両者を混同してたりして、わけがわからなくなってしまったりします。
悪いボイストレーナーにあたらずとも、ボイトレをする際には、
「この人はどういう意図で『喉を開け』と言っているのか?」
「私の思う『喉を開く』と、ここで言われている『喉を開く』は、同じものなのか?」

というところを、たまに考える必要があります。



○喉の開き方


ここでは、1の方の「喉の開き方」を紹介したいと思います。


・喉仏を下げる
喉仏を下げるというのは、できる人は特に練習しないでもできることなんですが、できない人は練習しないとできないことなようです。
私は特に練習せずとも動かせる側なので、なかなかこれの指導は苦手なのですが…
とりあえず、喉に手をあて、
「何かを飲み込む」
「あくびをする」
「大きく口を開ける」
「限界まで低い声を出す」
「低音でDum、Bo-などと発音してみる」
などの動きをしてみて、喉仏を上げ下げする感覚をつかむというのが、王道の練習法です。
指パッチンとかと同じように、コツさえつかめば当然のようにできるようになるはずなので、何とか感覚がつかめるようがんばって下さい。


「喉仏を下げるための練習」では思い切り下げて構わないのですが、実際の発声時には「下げすぎ」に注意して下さい。
喉仏を下げすぎると、逆にこもったような声になりますし、非常に舌根に力が入りやすくなるので、あまり「喉仏を下げなさい!」と言うのは好きではないのです…
(まあ、喉仏が「上がった」状態は良くない場合が多いので、そうだったら迷わず下げるよう言いますけど。)
加減に気をつけながら取り組んでみて下さい。


・軟口蓋を上げる
軟口蓋自体だけを動かすのは難しいので、
「口を縦に開ける」
「口角を軽く吊り上げる」
「鼻の穴を広げる」
「耳を後ろに引く」
「目を大きく開ける」
「眉を吊り上げる」
「頭皮の下にある筋肉を力ませる」
など、いわゆる「表情筋」を使って軟口蓋を引き上げるのが一般的です。


また、
「あくびをした時の喉の奥の様子を再現」
「くしゃみをする直前の喉の奥の様子を再現」
という方法で指導されたこともあります。


他にも、
「しっかり鼻から空気を吸っていれば、特別に意識しなくても軟口蓋は上がる」
と仰る先生もいたりします。
よく発声では「吸気時の姿勢で発声する」と言われますが、鼻から深く息を吸った時には軟口蓋が上がるはずですので、そのまま下げないように気をつけながら声を出すといいかもしれません。