「全身を使った発声」になるためのトレーニング


ある程度書いてから、以前に似たようなことを書いていたことに気づきました。
まあ、大事なことなので何回でも書きます(笑)


○何故全身を使った発声が必要なのか


人間の声というのは、息が声帯を振動させ、それを喉・舌・唇・顎という調音器官で整えることによって生じます。
なので、基本的には声帯、呼吸のための筋肉、調音器官を使いこなせればいい声になるはずです。
では、なぜ「全身を使って発声することが重要だ!」と言われているのでしょうか。


その理由は、
「上で挙げた筋肉は弱かったり、単体ではコントロールしにくかったりするから」
です。
発声に直接関わる筋肉は、それ自体が非常に弱いものが多く、まわりの筋肉でサポートしてやらないと、力が足りずに思い通りの動きが出来なかったり、すぐ疲れてしまったりします。
また、発声に直接関わる筋肉はまわりの筋肉と非常に強くリンクしているため、まわりの筋肉を意識して動かさないと上手く働かなかったり、まわりの筋肉を働かしてやることで簡単に効果的に動かすことができたりします。


全身を使った発声をすることで、以下のような効果があります。


1.声を出しても疲れにくくなる
発声に直接関わる筋肉の負担が減らせるので、ある程度負担のかかる発声をしても「疲れた声」「消耗した声」になりません。


2.いつもより力強い声になる
発声に直接関わらない筋肉を使うことで、いつもより安定して出せる声量が増したり、音域が広がったりします。
また、声による感情表現も、いつもより強く行うことができます。


この2つの効果は、「歌唱力の向上」には勿論有用です。
また、All Aboutで紹介されているような「ビジネスマンのためのライフハック」というものにもなるのかな、と思います。
「声の印象」って歌だけではなく「ただ喋るだけ」の場面においても大切ですし、
「大事なプレゼンやスピーチの途中に声が枯れて…」
とか、
「内容はいいけど何だか熱意が伝わってこない…」
ってならないようにね。



○基本は「背筋」


具体的に「全身を使った発声」になるためには、背筋を使ってやることが重要です。
背筋は非常にたくさんの筋肉と繋がっており、あらゆる動きの起点になるわけですが、発声で特に大事な
「声帯のコントロール」「ブレスのコントロール
の2点に、背筋は非常に強く関わっています。
どうも「発声といえば腹筋」というような考え方が一般化していますが、背筋だって非常に重要なんですよ。
むしろ、「背筋を制するものは発声を制す」と言ってしまってもいいかも。


私のボイトレ観に大きな影響を与えた吉田顕先生のお言葉を借りれば、
「背筋でおしゃべりできるようになれば一人前」
…だったかな。手元に本が無いのでうろ覚えです。



○具体的な練習方法として


腰を落として身体を揺らす!身体を後ろに引く!手を動かす!
という内容を、以前
Coccoに学ぶ「体の使い方」。
というエントリで書きましたので、そちらをよろしければご覧下さい。


他に、「全身を使った発声」になるための簡単ボイトレを紹介しますと、
「片足立ちで発声」
というものがあります。


ただ、いつものような発声練習(本当、何でもいいです)を片足立ちでやるだけ。疲れてきたら脚を交換。
それだけなんですが、声に「張り」や「力強さ」が出るのが実感できるのではないでしょうか。
また、音階つきの発声練習なら、いつもより高音が安定してでるのでは無いでしょうか。


一見ふざけているように見えますが、意外と効くんです、これ。
私の場合、歌っていて「身体の支え」が足りないなー…と思ったときには、とりあえずこれをやります。
体験談で言えば、ボイストレーニング暦の浅い人にこれをやらせるだけで最高音が2音以上上がることもあります。


片足立ちをすることで、腰まわりに負荷がかかることによって、背筋、腹筋(特に下腹部)に絶妙な力が入り、すごくブレスが安定します。
また、いつも以上にバランスを取らなければならないため、背筋を中心とした筋肉がいつも以上によく働きます。
それによっていつもならサボっている筋肉を目覚めさせ、声帯とそのまわり筋肉群のサポートにも使えるようになり、声帯を上手く働かせることができるようになります。
さらに、バランスをとるためには、余計な力を抜く必要もあるため、声帯が首や顎などの無駄な力みから開放されます。
それによって、声帯をより自由に使うことができるようになるでしょう。


実際に喋ったり歌ったりする場面で片足立ち…というわけにはいかないので、この練習で重要なのは「感覚をつかむこと」ですね。
Coccoのような動き方」や「片足立ちで発声練習」を繰り返すことで、
「背筋などの筋肉が、発声に直接関わる筋肉をサポートしている状態」
「どんな身体の使い方だと声は伸び、または邪魔されるのか」
という感覚を身につけ、座っていてもその身体の使い方による「効果」を再現できるようにがんばってみてください。