BONNIE PINKに「歌心」を学ぶ!


やっぱりBONNIE PINKって上手いよなあ…と思ったので、発作的に書いてみる。



○復習、歌の上手さとは?


過去に、
・徳永英明に「歌心」を学ぶ! - 烏は歌う
という記事を書いたときにも引用したのですが…


日本語のうたの声と言葉-6 - 藤井丈司さんのMySpaceブログ|

僕は、宇多田ヒカルというアーティストが、唄以外の歌詞や音の作り方も含めて、すごく好きなんですけど、
彼女が自分のブログで、唄い方について書いた文章があるので、それもちょっと長くなっちゃうけど、ここで引用してみたいです。
とても懇切丁寧に、唄はどうやって唄ったら上手くなるのかを、実に科学的に語っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「友達とカラオケなんか行くとよく「どうやったらうまく歌えるの?」なんて聞かれるんだけど・・・(私も知りてーよ)。
簡単に言うと音符一つ一つの、入り方、のばし方、終わらし方、だよね?
フィギュアスケートのジャンプでいうところの、ステップからの踏み切り、回転、着地、みたいなもんか?

ほんとに可能性は無限大で、「あ〜♪」ひとつとっても、入り方だけでもちょーオプションありまくりで、
音程きっちりで入るか、ちょっと上から落ちるように登場するか、低めの音から上がるように入ってくか。
声の音量は全開でいくかのどに引っ掛けながら艶っぽく入るか小さめか。
その後はヴィブラートかけるかかけないか、音量に大きな波をつけてみるか。
息の量を増やして明るく開放的にするか制限して沈んだ声にするか。
最後はフェードアウトするかぷつっときるか、どこまでのばすか、クセを出すために終わった後に口と息でなんか音をつけたすか。
などなど!言い出したらキリがないか!

BONNIE PINKのすごさ


で、この「音符一つ一つの、入り方、のばし方、終わらし方」が、BONNIE PINKは本当に上手い。




BONNIE PINKの歌唱力のすごさを考えていく上でわかりやすいのが、「のばし方」、特に「フェイク」のセンスが最高にお洒落なこと。


上に紹介した歌とか聞いて貰えばわかると思うのですが、とにかくフェイクが「上手い」うえに「多彩」。
ほんと、どんだけ小技を持っているんだ…、と思ってしまう。
伸ばしているなかで、すごくお洒落に音程を揺らしたり、母音を押してリズムを強調したり…その「フェイクのパターン」のバリエーション自体が多彩な上に、「『一音一音はっきり発声』するか『滑らかにグリッサンド気味に発声』するか」とか「音程の変化に伴って『母音の響きを変えて強調』するかしないか」とか、「ニュアンス」も自由自在なので、表現力が凄まじいことになってます。
もうね、組み合わせ次第でバリエーションは無限大。
一曲の中でもこれだけバリエーションがあるので、フェイクの多彩さに気をつけながらアルバム一枚聞くと本当にびっくりしますよ。


あとはねー、ビブラートのかけ方も「音程変化が深い、スピードはゆっくり目のビブラート」「浅くて速いビブラート」「深くて速い劇的なビブラート」「浅くてゆっくり目な控えめなビブラート」…と、色々なビブラートを使い分けてますね。
さらに、「最初からビブラートかける」「ビブラートを一瞬かけたあとにストレートに伸ばす」「しばらく伸ばした後にビブラートを徐々にかける」…と、ビブラートの使い方も本当に上手いというか的確。


あと、伸ばしているときの息の混ぜ方も上手い。
上の「Thinking of You」なんかは特に、息混じりの声に「切なさ」や「優しさ」を、息を混ぜない張った声に「強さ」や「前向きさ」を感じますよねー…。
かつ、「どっちの声をどの程度使うのか」という「バランス感覚」も最高です。


…とりあえずキリが無いのでこの辺にしておきますが、本当BONNIE PINKの歌い方には学べることだらけですよ。
「のばし方」ばっかりしか紹介できてないけど、「入り方」も「終わらし方」もBONNIE PINKは無茶苦茶上手いですからねー。



○「歌心」を身につけるには…


で、こういったテクニックを身につけるには…
改めてさっきのブログから引用すると、


日本語のうたの声と言葉-6 - 藤井丈司さんのMySpaceブログ|

宇多田さんはこういった事を、マイケルやアメールを聞きながら気づき、
そしてきっと彼らを、猛烈にコピーしたんだと思います。
でなけりゃ、いくら藤圭子さんの娘さんだからといって、あんなに唄が上手くなる訳がない。

こうやって、師匠から口伝で、あるいは宇多田さんのように、自分の好きなシンガーを完コピする、みたいな事が、
たぶんある時期から、すごく減ってきてるんだと思います。
自分の表現に、師匠を置くという事。

で、それが、今のシンガーやミュージシャンが、なかなか伸びなかったり、
自分のスタイルを作れなかったりする、大きな要因なんじゃないかと思います。

…つまり、上手い人の歌い方を「完コピ」してみるのが、歌が上手くなる方法ではないか?ということです。


ただ歌ってみるだけでなく、その人の「音符一つ一つの、入り方、のばし方、終わらし方」まで注意して聞き、再現してみること、そこまでやってはじめて「完コピ」となります。
BONNIE PINKの完コピできたら、もう上級者どころの話じゃないっすねー。


あとは、「こんな風に歌いたい!」って思う歌手がいたら、その人を完コピするだけでなく、「その人のルーツ」となる歌手についても聞いて真似してみるといいですよ。
当人が「影響を受けた」とか「好きだ」と言っているアーティストの曲を聞き込んでみたり、そのジャンルの「元祖」の歌を聞き込んでみたりすると表現の幅・質が向上することもあるそうです。


さらに、「こうしたいけど、思うように喉が動かない!」って感じにならないように、センスを磨くだけでなく「声の出し方」もきっちり鍛えましょう。
こういうトレーニングとかね。↓
声帯のストレッチ…音程を微調整する筋肉を目覚めさせる方法 - 烏は歌う