7 一人よがりな発声にならないために

1 目次


7 一人よがりな発声にならないために


7−1 声を相手に届けるために
 ・聞き手の心理と声
 ・声の「方向」「距離」「広がり」をイメージする
 ・声によらないコミュニケーション・表現を重視する


7−2 聞き取りやすい声を目指す
 ・聞き取りやすい声とは…
 ・声と周囲の環境
 ・声と相手の状態
 ・「ゆっくり」話すときに気をつけたいこと


さて、長いこと「発声に関する、基本的な知識をまとめていく企画」と称して、発声に関する基本的なことをまとめてきました。
この企画も、この「7 一人よがりな発声にならないために」で最後となります。


「声を出す」というのは、普通、「だれかになにかを伝えるため」ですね。
そう、声を出すという行為には、多くの場合「伝えたい相手」「聞き手」が存在するのです。
(もちろん、ヒトカラとか、ストレス解消・戦意高揚のための叫びとか、「相手の存在しない」「自分のためだけの」発声もありですが。)
なので、どれだけボイトレで声自体を鍛えたところで、「聞き手のことを一切考慮しない」のでは、思ったとおりの伝達をしたり、表現をしたり…ができないかもしれません。


まず「声を相手に届けるために」という題で、「聞き手を意識した発声」の基本を書いていきたいと思います。
どんな意識を持つと、聞き手に声・言葉を伝えやすくなるのか、という内容です。
次に、「聞き取りやすい声を目指す」という題で、「相手にとって聞きやすい声」ってそもそもなんだろう?という内容から、具体的にどういう声の出し方をすると「聞きやすい声」になるのか、という内容まで書いていきたいと思います。