声量、それ自体はあんまり大事なことじゃないかもしれない。

よく、歌唱力がどうのと話すときに、
「声量があって凄い」
「声量がないからダメ」
みたいな話になりがちだなあと、ふと思いました。
また、歌唱に限らず「日常的な声」を考える上でも、ないよりはあったほうが便利なんで、ついつい「ボイトレ」というと「まずは声量を上げるぞ!」みたいな話になりがちです。


だけど、デシベルとかの単位で表せる「絶対的な声量」って、実はそこまで重要じゃない気もするな…とも、最近思っています。
音量というものは、とても「相対的なもの」でもあるし、とても「感覚的なもの」でもあるからです。
「絶対的な音量」が変わらなくても「相対的な音量」や「感覚的な音量」は上げることができます。
ボイストレーニングの考え方として、ただ「最大音量を上げる」というだけではなくちょっと色々と工夫してみると、効率良く声を使いこなし、「実際よりずっと大きな声を出しているように感じさせる」「小さな声でも、大きな声と同じ効果を出せる」ということがあるかな、と。


…もちろん、最低限の「絶対的な音量」というものは必要とされてきますし、環境によっては必要とされる「絶対的な音量」というものがすごく大きくなってしまうこともあり、「絶対的な音量を上げるボイトレ」というのも必要ですが。



○「声量」と「表現力・歌唱力」


意外に、歌うときの声量がそれほど大きくないプロの歌手も多いです。
もちろん、普通はプロレベルで声を使いこなしているとなると一般人を遥かに超える声量を持っている場合が多いですが、そうではなく「声量以外の武器がすごくて声量を上げる必要がなかった」という感じの人もいますし、すごい声量を持っている人でも実際に「パフォーマンス」をするときに常に全開で使っているか…となると話は別です。
徳永英明中居正広に歌い方を教えるときに、「声量なんていらないんだよー」と言っていたという話をかつてブログに書きました。
徳永英明に「歌心」を学ぶ! - 烏は歌う
…こんな感じで、「歌うときの絶対的な声量がそれほど大きくない、あえて大きな声量を使わない」という歌手は非常に多いですね。


もちろん、オペラなんかだと「人間一人の声でオーケストラをぶち破る」なんて芸当をしなければならないので、凄まじい声量が必要ですが、そこまでしたい人ってそうそういないよね…?


でもまあ、「絶対的な声量」が必要ではないとしても、あると表現の幅が広がったり自信や説得力を感じさせることができたりするので、やっぱり「声量」があるようには聞かせたいですよね。
そこで、どんな風に「声量」というものを聞く人に感じさせればいいかというと…
・「相対的な音量」を上げる
・大きな声が出ているように「錯覚」させる「声質」がある
という方法があります。



○「相対的な音量」を上げる


音量の強弱の幅をつけると、「相対的に」「大きな音量が出ている」と感じさせることができます。
いわゆる、「剛速球オンリーの投手より、緩急をつけてくる軟投派ピッチャーのストレートの方が速く感じることがある理論」です。
これは音楽関係では基本のテクニックですし、スピーチなどにも使えるテクニックですね。
特に、マイクを使う場合は自分の出している「最小の音量」をある程度大きな音量にすることができるので、非常に効果的です。
また、マイクの無い環境でも、小さい声で喋って相手が注意を傾けたところに相対的に大きな音量を叩き込む…という感じで使うことができます。


「大音量は、安定した小さな音量が使えてこそ」ということを肝に命じてボイトレをしましょう。
大きな音量の声一本で通そうとすると、聞いている側はその音量にすぐに耳が慣れてしまうので、あんまり頑張って声量を張り上げる意味・効果がなくなってしまいます。
逆に、小さいところをとことん小さくしておくと、普通の大きさで声を出したときでさえ「今、大きな声量が出ているな」と聞く側に感じさせることができるかもしれません。
「安定した小さな音量」…というのが少し気をつけなければならないポイントで、小さな音量の声はどうしても不安定になりやすく、そこで音声コミュニケーションに問題が起こってしまってはしょうがないので。



○大きな声が出ているように「錯覚」させる「声質」がある


声質によって、「声量の印象」というのは大きく変わります。
過去に何度か、「倍音が多い声は、輪郭がはっきりした声になる」という話をしてきましたが、それによって倍音が多い声は、大きい音量が出ているように聞こえる」とも言えます。


「良い声」の正体…倍音とは - 烏は歌う


ボイトレQ&Aコーナー|歌のお悩み解決事典

声量がアップするポイントは、ずばり、『鼻のひびき』です!


声量をアップさせるには、いろいろなことをしないといけないんですが、まずは、口の中、鼻の中、のどの奥などの空間をいかに広くひびかせられるか、ということが大切な条件の1つとなります。


その中でも、鼻の中の空間、いわゆる、鼻腔(びくう)にひびかせると、高域の倍音が目立ち、人の耳が聞き取りやすい周波数になり、大きな声を出しているように聞こえるんです。

大きな声を出している「ように聞こえる」…ってのがポイント。
すっげーパワフルな声を出しているような歌手でも、「実はそこまで大きくない声量で、大きい声量だと錯覚させる声で歌っている」という場合は多いです。



○その他にも…


それと「声量」について考える上で大切なのが、「まわりとの兼ね合い」です。
これについては、次回詳しく書こうと思います。