自分にとってベストな音域・パートって?


歌を歌うとき、
・どんな高さの曲が自分にはあっているのか…
・どのくらい転調すれば、自分にあった高さになるのか…
・自分には、どのパートを歌うのが声の高さ的に適正なのか…
という悩みを持つことは多いと思います。
今日の記事では、その辺を少し考えてみました。


分類してみる


とりあえず、「自分にとってベストな音域・パートって?」というのを判別するのに代表的な方法は大まかに言って3つ。


1.一番高い音に合わせる
「一番高い音」=「一番盛り上がるところ」という設計の曲が非常に多いので、一番高い音が問題なく出せる曲・調・パートを選ぶという方法です。
ある意味、一番無難な方法。
低音で「音が外れる」「音域的に声が出ない・音量を出せない」という状態になったとしても、高音でそうなってしまうよりはずっと目立ちませんし…とにかく無難さを求めるならこの方法を。


2.一番低い音に合わせる
人間、高音に関してはボイトレで相当伸びますが、低音に関してはそんなに伸びることはなく限界がある…という点から、「きれいに出せる最低音」を基準に曲・調・パートを選ぶという方法もありです。
高い音は、基本的にはボイトレでかなり伸びるとは言え、けっこうな時間や苦労もかかりますし、長期的な目標を持てる場合におすすめの方法ですね。
ある意味、自分の「可能性」を最大限開発できる方法です。
また、低い音が「見せ場」になる曲やパート、歌い方もありますので、そういう場合にもこの方法がおすすめです。
チバユウスケとか、hydeとか、高めの声に特長があるようなイメージの歌手がふと見せる低い声って凄くセクシーで格好良いですよね!
ああいうのを目指すために、あえて「低さ」を軸に選曲・転調・パートチェンジしてみるのも面白いかも。


3.一番「おいしいところ」に合わせる
自分の声の「一番充実している部分」をもとに、曲・調・パートを選ぶという方法もあります。
曲の大部分を、自分の音域の「おいしいところ」で歌えるように調整する方法。
「真ん中のAくらいが一番出しやすいんだよね…」という場合に、平均的に見ると真ん中のAくらいの音域が一番多くなってくるように曲や調を選んだりとか、
「高音も相当出るんだけど、ちょっと低めの中音域が一番好きなんだよね…」という場合に「中低音の多い曲」を選ぶとか、
「最低音はそんなに低くないんだけど、太くで分厚い声質の低音域が魅力的なんだよね…」という場合にベース系のパートを歌わせてみるとか。
本当はこの方法が理想なんですが、高音にも低音にも「死角」ができてしまいがちで、非常に難しいです。


自分で判断する場合


とにかく大切なのは、しっかり意図とか目標とかをもって「選択」することですね。


とにかく今できる限りの最高のものを出したいのか、長期的に見て「伸びしろ」や「努力」を前提にチャレンジングなものを選ぶのか。


前向きな目標…例えば「今までできなかったこと・自分の限界にチャレンジしたい!」とかそういう意図を持って曲や調やパートを選んだ時に、じゃあ今現在できないこと・出せない音はどうするんだ、自分一人で歌うので無い場合、聞き手や共演者にかけるかもしれない迷惑はどうするんだ、という視点であったり、
後向きな目標…例えば「私の今現在の限界はここだから、これをやるしかない…」とかそういう意図を持って曲や調やパートを選んだ時に、じゃあ一生今のままでいいのか、今後どうやって成長していったり、自分を演出していくんだ、という視点であったり…
そういった考えは絶対に忘れないで欲しいです。


「選択」するということは…
ある人は、「捨てること」だと言います。
ある人は、「約束すること」だと言います。
ある人は、「賭けること」だと言います。
覚悟を持った「選択」のみが、道を拓きます。


指導者の皆様方へ


あと結構重要なのが、指導者が曲や調やパートを決める場合ね。
決して「押し付ける」とか「諦めさせる」とか、そういう形にならないように気をつけましょう。


私の思い出話をすると、
合唱やってて、大学時代にテナーからベースに移籍させられたんですが、そのときに自分の思い込みが強かったせいか、褒められ足りなかったせいか、
「高音を出せないから、音量出せなくてミスの目立たないベースに移されたんだ…」
「自分の一番良い声だと思ってた中高音域の声は、全く評価されてなかったんだな…」
「得意では無いベースで、ちっちゃい声で地味に歌ってろってことか…」
「そもそもテノールなら楽譜の中に出せるか微妙な音は一〜二音しか無いのに、ベースだとまるっきり出せない小節とかあるんですけど…これは俺に歌うなってこと…?」
などなどと、被害妄想じみた想いを抱き、腐りかけました。
本当に辛かった…が、合唱やってた人なんかだと結構こういう経験ある人って多いはず。


できる限り、「チャレンジ」として新しい曲や調やパートを提示して欲しいものです。
また、「なぜ音域を移動させたか」「どのような魅力を引き出すために音域を移動させたか」ってのを伝えることを決して怠らないで欲しいものです。
先ほども書いたとおり、「選択」には覚悟が必要…ってことで。