平井堅に習って、全身で表現してみよう


うーむ、やっぱり上手いなあ…。


表情が大切


平井堅さんの高音でのあのしぐさは何のため?|歌のお悩み解決事典
という記事を少し前に読んで、「ああ、その通りだなあ…」と思いまして。

Q 平井堅さんって高音域を歌うとき目の辺りをくしゃっとして口角あげて上の歯をくわっ!と見せますよね? 何のためにしてるんですか?高音出すときはこうした方が出やすいんでしょうか!?


A 3つの理由が考えられます!

1 鼻にひびくから

2 高い音を出しやすい動きだから

3 きもちが伝わるから


確かに、この顔をしてみると、けっこう高い声がだしやすくなったりするので、試してみるといいですね。
高音を出すときや、音量を大きくするとき、声を明るく通る声質にするためのボイトレとして「口角を上げてー」「頬骨を上げてー」「前歯見せてー」「上顎を開けてー」…みたいな指導をされることがありますが、行き着く先にこの平井堅の濃い顔をちゃんと想像できてますか?
いちど、このくらいの顔芸を目指してやってみると、今までと違った自分の声と出会えるかもしれません。
…実践では、どのくらいやるかは程度問題ですが。


あと、高音が出ないー出ないーと悩んだりしてしまうと、テンションが下がって表情が曇って余計に高音が出なくなることが多々ありますので、そんなときにもこの顔をしてみるといいですね。


手の動きも真似してみるといい


あと、ときどき話題になる手の動きね。
これもやっぱり、
1 鼻にひびくから
2 高い音を出しやすい動きだから
3 きもちが伝わるから
という、表情と同じ効果があるんですね。


手を高いところに持っていくことで、声を響かせる場所も上がりやすくなります。
また、手を動かすことで、高い音を出すために必要なテンションを作り出す効果もあるんですね。
過去にもちょっと書いたのですが、表現力も上がりますし、なかなかいいこと尽くめです。
声に「表現力」を出すために、手っ取り早い方法。 - 烏は歌う


あと、手を上げることで、肩甲骨がほどよく上がり、声を出しやすくなる、という効果もあります。
声を出すとき、肩って絶対に上げちゃダメなんじゃないの!?と思う人もいるかもしれませんが、広瀬香美もボイトレ本やTwitterなどで「手を上げることで高音を出す」という方法を紹介していますので、ボイトレの手法としてきっちり根拠のあるものなんですね。

今日から歌がうまくなる! 広瀬香美の歌い方教室

今日から歌がうまくなる! 広瀬香美の歌い方教室

発声と「肩胛骨の高さ」について…Twitterまとめ - 烏は歌う


全身で表現することが大切


まとめとしては、「全身で表現すること」が大切ですね。
歌も喋りも声だけじゃなく「見た目」も大切、って話でもありますし、「見た目」を整えることで声も整ってくる、という話でもあります。
表情・動きというものは、声を聞かせたい相手に姿が見えるときには尚更重要ですし、たとえ見えなくても、声を介して伝わってしまうものだと思っておいてください。
そのために、常に全身で表現すること。


過去にはCoccoさんの動画を見つつ…という記事を書きましたが、こっちの平井堅さんの方がまだ真似はしやすいかもしれないな…。
Coccoに学ぶ「体の使い方」。 - 烏は歌う
動画のリンク先はもう公開されてないみたいなので、もし興味を持ってくれた人がいたら各自で検索…ということで。