舌や母音に関する色々

前回の続き。
「深い発声」ってなんなんだろう…母音と舌の形 - 烏は歌う


前回は合唱の人向けオンリーっぽく書いちゃったけど


舌の色々な部分を使えて色々な声を出せるということは、他ジャンルの人も絶対役に立つと思います。
なので、あの図を見つつ色々な母音を出し分けてみたり、色々な「声の響き」を確かめてもらえれば。
合唱では嫌われがちな「前気味の母音」「浅い母音」だって、「そういう表現」をしたい時には使えますし、合唱以外のジャンルでも「深い母音」を使えると表現の幅が広がったり、楽に声を出せるようになったりしますからね。


舌は脱力するの?鍛えるものなの?


さて、過去に「舌の筋トレ」的な記事も何度か紹介している私ですが、発声では舌に力を入れちゃダメ!ってのもよく書きます。
舌は、発声時にはできるだけ「脱力」するものですが、鍛えておくといいものでもあるんですね。
一見、矛盾してますが。
と、言うのも、なんでも「最低限の筋力」が無いと、逆に力んでしまいやすいものだからです。
よく発声に関しては「身体から全部の力を抜いて!」とか言いますが、本当に一切の力を入れなかったらそもそも息もできませんし、筋力が有る人ほど「必要最低限の力」で動けて、無い人ほど「いっぱいいっぱいに力を入れなくちゃいけなくて、余計な力もついつい入ってしまう」という状態になりがち。
だから、声をある程度使う人の場合、舌はある程度鍛えておくといいですね。


舌の鍛え方


今回のような「舌の奥の方を」「微妙な力加減で使う」…というボイトレを考えるに、結局、エリック兄さんのエクササイズが有効ですね。
これ。
D
D
…これ紹介するの、何度目になるかはもう忘れたかなー。


間違った「舌の脱力」


舌の脱力について、よく「限界まで下げて、限界まで平たく!」と言う人がいるんですが…こうやってしまうと、逆にまずいことが起こりがちなので、注意が必要です。
最低限の微妙な「力み」「盛り上がり」が無いと、母音がコントロールできるわけもありませんし、それでも舌を無理矢理平たくしようとしてしまうと…
舌を真ん中辺りを平らにしようとし過ぎて舌先が上がっちゃったり、下げようとし過ぎた舌根が喉の奥の方に入って気道を塞ぎ気味になってしまったりします。
こうなると声質もよくなくなりますし、苦しいですし、何より全然脱力できてません。
なんか、一部では「舌をスプーンで押さえて…」とかやってると聞きますが、それってどうなんだろう。


力を抜いて、楽に出来る範囲で正しいポジションを心がけましょう。
無理に平たくしようと力んでしまったりしては、本末転倒です。


高音発声時について


前回紹介したサイトでは、
-Wiseman Project- 作編曲家・指揮者 佐藤賢太郎の公式サイト 「ケンピー (Ken-P) のサイトへようこそ!」

高音域に行くにしたがって、日本語だと「い」「う」の母音は、低音や中音域では良かった発音の仕方では、声に出すのが難しくなります。楽な発声をするには、高音域に行くにしたがって、「い」を「え」のように、「う」を「お」のように感覚で発音するように変えてきましょう。必要ならば「え」も「あ」のように、「お」も「あ」のように変化させてもかまいません。テナーと特にソプラノはこのことを良く覚えておきましょう。厳密な発音にこだわって、高音域で喉を締め付けたり、舌が緊張してはいけません。高音域では「発音は、アルトやバスに任せるよ!」くらいに気楽に行きましょう。

と書かれていました。
つまり、高音を出すのがキツかったらちょっと母音を縦に開いていいよ、ということです。


また、それ以前に紹介したボイストレーナーのサイトでは、
桜田ヒロキ ヴォーカルスタジオ - Narrowing Vowels

口を横に拡げるような「大きな母音」は、大きな母音はチェストヴォイスを押し上げ、シャウトをするような特性があります。
私達は「声がつぶれる」とか「母音が壊れる」と表現をします。
多くの場合で母音が拡がれば拡がるほどチェストヴォイスに掴まっていようとします。

これらの母音は狭めなくてはいけません。

と書かれていました。
つまり、高音域に行くほど母音はちょっと横に狭めてやるといいよ、ということです。


これも一見すると矛盾するようですが、言ってることは似たようなもので、
「高音では、正確な母音・発音にこだわりすぎず、舌やあごが力みにくい曖昧母音を使おう!」
という感じでして。
高音で「正確な発音」にこだわりすぎると、舌やあごが力んでしまって音程にも発音にも、かえって悪い影響を与えがちなんです。


高音域ではどうしても母音の区別がかなり曖昧になりますので、発声でくっきり区別をつけよう!…とやるより、むしろ発音自体は楽にできる曖昧母音でやって、「発音」よりは「雰囲気」とか「文脈」とか「表情」とかで「ことば」を伝えた方がいいかもしれないですね。