腹から声を出す!その4

この前、「腹から声を出せ」と言われた件


少し前の合唱練習で、
「もうちょっと腹から声出して…」
と指揮者に言われたのですが。


この「腹から声を出す!」という一連の記事では、「腹式呼吸のやり方」とか、「強くて安定した腹式呼吸をするための身体の使い方」…という内容を書いてきました。
で、私も一応そういう記事を書いて実践できる程度には、腹式呼吸ができているつもりなんですよね!
でも、「もうちょっと腹から声出して…」と言われる!


こういう風にときどきあるのが、「腹式呼吸が普通にできているのに」「腹から声が出ていないと言われてしまう」現象。
これについて少し考えてみたいと思います。


意外と、「腹から出てるように聞こえる声」に、腹は関係なかったりする


そのとき私は指揮者の言うことを聞いて、声の出し方を変えてみて、とりあえず何も言われなくなる程度に問題は解決したのですが、実は「腹」の使い方や呼吸に関しては何も変えませんでした。


変えたのは、喉の使い方。


ちょっと「声帯の接触具合」を強く、厚くして、しっかりした声を作ったところ、「腹から声を出してくれ!」とは言われなくなりました。
感覚的に力の入れ方を変えたのは、「喉」と「唇」で、全然「腹」は意識してません。
でも、そうすると「腹から声が出ている」ように聞こえるんですね。


声帯を強く、厚く合わせる


(大雑把に言うと)声は、「声帯の左右2枚のヒダがくっついたり離れたりする」ことで音が発生します。
で、この接触が、弱ければハスキーで弱々しい声になり、強ければエッジーで刺々しい声になります。
強すぎず弱すぎず絶妙な接触具合だと、声質も美しくなるし、音程や音質も安定して表現の幅ができる…というのが理想論ですが、理想のバランスってのは人によっても違いますし、時と場合によっても違ってくるので「このくらいが最高!」というのはなかなか言えるものではありませんね。


私の今回のケースの場合、久しぶりの合唱でビビっていたのと、久しぶりのトップテノール男声合唱の一番上のパート)にビビっていたのと、本番の指揮者の代わりに練習を管理していた代理指揮者が発声について何にも言ってくれない人だったのと…
など、諸々の理由で、「声帯の接触の弱い、か細い、ふわっと逃げている声」になりつつあったわけですね。
で、それを本番の指揮者が聞いて、「逃げんな」、と。
もっと「腹から声を出せ」、と。


声帯の接触を、ほどよく(あくまで「ほどよく」)強めると、しっかり芯のある、パワーのある声になります。
こういう声を、「腹から出ている声」と呼ぶことが多いです…実際の腹の動き関係なしに。


声帯を強く合わせる方法としては、例えば「エッジボイス」を出すことで、声帯をくっつける感覚を身に付けるとか。


または、大きなものを持ち上げたり、急に力を入れたり、踏ん張ったり…すると、「喉で息が止まって」「みぞおちが張り出すようにお腹に力が入る」状態になりますよね?
このときには、非常に「腹から声が出ている」状態になりやすいです。
腹から強い息が上がってきて、声帯がそれを強くせき止めることでバランスが取れた状態なので、そこから声を作ってやると、声帯も強い力で合わさるし、ブレスも強くなりますので。


…まあ、最近のボイトレの主流は「無駄に強いブレスとか必要ないし、無駄に声帯を強く合わせる必要はないよ!」ってのがほとんどなので、あんまり流行らないボイトレ法の一種ですが、声のバランスが崩れたときとか、自分にとって最適なバランスを探ったりとか、普段やらないような表現法を模索するときにはなかなか有効なボイトレではあると思います。
また、初心者レベルになってくると、どうしても内気な人とか声の小さい人とかは、ブレスも声帯の合わさり具合も弱すぎる場合が多いので、そういうときにも効果はあるかな。


余談


こういう風に、「腹から声を云々」という話なのに実は「喉」が鍵だった、とか…そういうことは本当によくありまして。


例えば、「喉声になっているから云々」という話なのに実は「喉」じゃなく「首」や「あご」や「舌」が鍵だったり「喉の奥の響きが云々」という話なのに実は「喉」じゃなく「舌」が鍵だったり「あごを引いた発声が云々」という話なのに実は「あご」じゃなく「背中」が鍵だったり…と、本当に色々な例を見てきました。


こういう「腹から声出して!」とか「声をもっと高いところに!」とか、そういう指導も通じるときは通じるのでそれはそれでいいのですが、
「抽象的な説明は理解が終わった人向けか、何となくわかった気になる用なので、最初に読んでも役に立たない」
ということは肝に命じておきたいな、と。
いや、それでわかる人にはそれでいいんだけどさ。


教える側としては、あんまりそういう言葉使わずに具体的に伝えるか、抽象的に言った言葉がちゃんと自分の思い通りに届いているかしっかり対話して様子見て確認すること。
教えられる側としては…そういう言葉にとらわれ過ぎず、敢えて言うと「言葉尻」にとらわれ過ぎずに、「この人は何が言いたいんだろう」「どういう声を出して欲しいんだろう」「そのために何をするか、自分の言葉で言うとこうなるだろう」、と考えてやると、抽象的な指示も受け取りやすくなるんじゃないかな、と思います。