声の話をする上で、あんまり「喉」って言葉は使いたくなかったりする。

「喉」が開いてるとか開いてないとか、
「喉」の力を抜くのが大切とか、
「喉」声になっているとか、
「喉」がいいとか悪いとか、ね!


「喉」は複合体


まあ、こういう言葉の使い方は嫌いだ!とは言え、私もしょっちゅう使ってしまうのですが、「喉」。
なんで嫌いかと言うと、「喉」という言葉が「曖昧」であまりに多くの部位を含みすぎてしまうからなんですね。


例えば、「喉が荒れている・腫れている」とか言う時には、「喉=声帯粘膜およびまわりの粘膜」を指しますよね。
では、「喉の力を抜いて!」という場合、同じく「喉=声帯粘膜およびまわりの粘膜」を指しているかというと、そんなわけがない、と。
粘膜に力を入れたり抜いたりできるわけがないし、こういう場合は普通、「喉=声帯を動かす筋肉およびその周辺の舌や首などの筋肉」を指しますね。


じゃあ、「喉を開いた発声が大切!」って言われたら、「喉=声帯を動かす筋肉およびその周辺の首などの筋肉」を開けばいいの?と思いますが、「声帯を開く」ように筋肉に力を入れてもハスキーでガサガサな声になってしまうだけの場合も多いですし、どうなんでしょう。
「喉を開いて!」という指導語は、「軟口蓋を上げて舌を下ろして口の奥の空間(=喉)を広げろ」って意味で使われることもあるけど、「喉の力を抜いて!」と同じ意味で使われる場合もあるんですよね。
この2つの動作、似てるようで、身体の使い方は全然違います。


他にも、「喉が上がってるから駄目だ」と言われたときに、喉というものを上の通り「喉=口の奥の空間」と捉えたら、それが上に広がって喉が開くんだから別に良くない?と思いませんか。
しかし、こういう場合の「喉=喉頭(のどぼとけ)」なので、これが上がってくると困るんです。
だから、「喉は上に大きく開かないといけない」けれど「喉は上げちゃいけない」みたいな、詳しくない人からしたら思いっきり矛盾していることを初心者に平気で言っちゃう人もいなくはないのが悲しいところ。


そういう感じで、どうにも「喉」という言葉や、それを使った「喉声」「喉の力を抜く」「喉を開く」…といった言葉は、困った言葉なんですな。
日常的に使う分には何も問題はないんだけど、トレーニングの場においては精度や明瞭度に欠けます。
ボイストレーニング時に「喉が…」と言ったときに、指導する側の中にはっきりしたイメージがあるのか、という問題もあるし、指導される側がそれと同じ図が見えているのか、という問題も。
まあ、それでお互いにわかり合えてるならいいんだけれど、

「抽象的な説明は理解が終わった人向けか、何となくわかった気になる用なので、最初に読んでも役に立たない」

ということはおぼえておいて欲しいな、と。


また、「喉を開く」とかいう専門用語について、私の尊敬するボイストレーナーはブログでこう書いてます。

「ノドを開けなさい」という指示または先輩からのアドバイスは、間違いとは言えないものの、非常に無責任な言葉であることは否めません。「これこれこうすればノドが開くよ」という具体的な方法を示さない限り、なんの意味も無いどころか、聞き手を混乱させるだけなのです。

すべての合唱団や声楽門下には、そこでしか通用しない「教義」のようなものが存在します。私としてはせめてもの罪滅ぼしに、「小学校高学年」が辞書なしに理解できる語彙だけでレッスンすることを自分自身に課しています。

…どうも、「喉を開くといい声が出る!」という言葉を繰り返しているうちに、思考停止していないかな、と。
で、「喉を開く」という言葉が、わからない人にはわからないまま離れていくし、わかったつもりになった人があまり中身の無い感覚だけの「喉を開く」という言葉を次代に伝染させていく…と。
私は合唱畑出身なので、どうしても部活合唱出身者ってそうなりがちだよなー…自分の周りの合唱人とかまずそんな感じだよなー…と思ってしまいます。


その手の言葉に対してもっと辛口で真摯なお言葉としては、

次に、声の様子を表す言葉ですが、「声の質が暗い」「押しつぶすような歌い方」「周りに溶けこむ声」「前へ進む歌い方」等々は、先輩や先生からの指摘ですね。
冷たい言い方ですが、私は未完の歌い手の自己判断を、ほとんど信用していません。
息が流れない、腹式呼吸ができない、地声が気になる等々の言葉は、本来のその人の語彙には無いものです。多くは指導の過程で耳にたこができるほど言われ続けて刷り込まれた一種の呪文です。私も指導者の一人ですから、おおいに反省するところです。

と。
私が言う「喉を○○する」って、ちゃんと私本来の語彙の中にある言葉なの?ちゃんと消化された言葉なの?
…というのは、たまに自らに問うてみる価値がありますね。


掘り下げてみよう


発声において、「喉」がどうのこうの言うときの「喉」って、どんなパーツからなっているのか考えると、まあざっくり言えば「咽頭」と「喉頭」に分けられますね。
ちょっと上手く説明できる気がしないのでWikipediaの記事を貼っときますけど。


咽頭 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%BD%E9%A0%AD
喉頭 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%89%E9%A0%AD


ざっくり言えば「喉頭」とは、男性なら「喉仏」にあたる首の軟骨の中に収まっている器官で、声帯を微妙に動かす筋肉が満載されていて、上に声帯が乗っているよ、と。
この「喉頭」の中にある筋肉や、喉頭自体の上下動によって「声帯」の状態が変化し、「声の元になる音」「声の根本的な部分」が決まりますよ、と。


で、その声帯の上に広がる、ある程度動かせたり動かせなかったりする粘膜に囲まれた「空間」が「咽頭」ですよ、と。
それで、咽頭の方は粘膜に囲まれた「空間」ですので、主な役割が声帯で鳴った音を「共鳴させて整える」ことですよ、と。


それと、「声帯」自身のことも忘れちゃいけない。
まあ、喉頭の一部と考えちゃってもいいっちゃいいんだけれども、別にして考えた方がわかりやすいときもあるし。


さらに、これら咽頭喉頭や声帯の筋肉というのはとても弱くて、かつ訓練しないと意識して動かすのがすごく難しくて、まわりの筋肉の影響をとてもとても受けやすいんですね。
なので、舌だとか、顎だとか、首だとか、肩だとかが力んでしまうと、どうしても喉頭の声帯をコントロールする筋肉が力んでしまうので、これらの力みを(原因は喉じゃないんだけど)「喉の力み」と言ってしまう場合もあります。
逆に、表情筋や背筋や舌の力などを使って咽頭喉頭を望ましい形や位置や状態に保つこともあって、これらの動作を(動かす・意識するのは喉じゃないんだけど)「喉を開く」と言ったりします。


などと色々書いてきましたが、とにかく大切なのは、
「喉という言葉が具体的に何を示していて」
「なにをどうすれば喉がそういう状態になるのか」
を、教える側、教えられる側で共有することですね。
教える人が「喉=咽頭」という前提で「喉を開いて!」話しているときに、教え子1が「喉=声帯」と捉えてたり、教え子2が「喉を動かすこと=首まわりの筋肉を動かすこと」と捉えてたら、そりゃあなにも伝わらないですし。


そのための一助として、喉の器官、機能を少しくらいは学ぶことが、教えるためにも、教わるためにも必要だと思います。
漠然と、喉、と言ってはいけない
言ってもいいけど、具体的に「喉という複合体のどの部分・どの機能のことなのか」をしっかりイメージして、共有しなければならない。