今季アニメを見つつ思いだしたこと。

全然アニメ内容関係ないから注意な!
そして、考察というよりほぼ妄想だから注意な!



さて、「トータル・イクリプス」のオープニングが…まさかの倖田來未
内気なアニオタどもくらいしか見ないであろうロボアニメ(?)に、DQN文明の極地たるavexミュージックとか、フィットするわけないじゃないですかー!!?
で、まあ、当然のごとく絶不評&ネタ扱いである。→こんな感じ
毎回、本編のOPの度に繰り返される、お約束のやり取りからの「茶化し弾幕」の流れは、ニコ厨変わらんなというか、お前ら本当はそろそろこの曲好きになってきただろと思う次第。


で、その茶化し弾幕の中に、倖田來未特有のずり上げ、ずり下げを揶揄するようなコメントがちょいちょい増えてて、こんなホッテントリを思い出したわけです。
まっすぐ歌うボーカリストが多い理由 〜音楽業界の悪い影響〜 | One's WILL Music School(ボイストレーニング・ボーカルスクール東京都品川区五反田) | ボーカル請負人


最近、「とにかくまっすぐ歌う」のが、若い人の間でスタンダードになりつつあって、大げさな節回しとか消滅しつつあるよね!それってどうよ!


って話だったんですが(超乱暴に要約すると)。


こういうポイントも、倖田來未が、特に最近のニコ厨にはウケない理由かなー、と思ったり思わなかったり。
単にavexが嫌いだ、単に最初のピロピロの衝撃が強すぎた、ってだけな可能性も大有りなのでなんとも言えないんですけど。


なんとなく思い出に浸れば、倖田來未のデビューは2000年頃、ブレイクしたのが2004年の「キューティーハニー」で、J-POP黄金期終盤というか爛熟期というか末期というか。
その頃私は中学〜高校生くらいで、B'zから入ってエアロスミスに走る厨二っぷりを見せつつ、グレイが好きでカラオケで歌おうとして上が出ねーゴフッみたいになったり、hide自死とかミッシェル解散とか俺はこの先どうすれば!?みたいに思ったりしてました(笑)。
女性ボーカルの話をすれば、DREAMS COME TRUEあたりが撒いた種と、HIPHOPカルチャーから派生したブラックミュージック・西海岸的ノリの流行から、R&Bが大流行で「和製ディーヴァブーム」が起きてた頃合いですね。
代表的なところだと、Misiaとか。
で、倖田來未ってその流れで、「いかに低音域からパワフル(っぽく聞こえるよう)な声を出すか」「いかに(大げさでそれっぽい)歌いまわしをするか」…という「和製ディーヴァブーム」の流れを追求していった先の一つの形だと私は思ってます。
とにかく「しゃくる」よね!
地の声自体もなかなか太め甘めで低めから充実してる感じなんだけど、とにかく「しゃくり」を入れまくること、それっぽい装飾を入れまくることで、個性やエロティックさや「それっぽさ」を出す、という。
天然ディーヴァ…には少し足りない感じなんだけど、ほどほどの地声に装飾をつけまくることでそれっぽく仕上げ、対象層のJ-POPをメインに聞いている層にはむしろ本格R&B風味の天然ディーヴァより「聞きやすさ」で勝る、という感じで、倖田來未はなんというか「研究の成果」だなあ、と思ってました。ある意味、努力の天才!


twitter有名人の@ynabe先生が、
https://twitter.com/ynabe39/status/204710440691957760:twitter
渡邊芳之(@ynabe39)先生による戦前と今の歌手の歌い方について - Togetter


…と、つぶやいてましたが、ある意味その極地が倖田來未あたりというか。
(まあ、戦後?というくくりが広すぎて、その中で歌いまわしが増えたり減ったり、流行の波はあっただろうなあ、とか、本当にアメリカの影響なのか?とはやっぱり思ってしまうのだけれど。)


で、今の若い人の間でメインストリームになりつつあるのは、「ディーヴァ的な歌手」ではなく、もっと「素直でストレートな歌いまわしをする歌手」なんじゃないかなーと、ニコニコ動画でアニメ作品のOPED劇中歌を聴きながら思ってました。
ボーカルスクールの指摘どおり、「まっすぐ歌う」人の方が受けてそうだし、増えてそう。


例えば、ソードアート・オンラインのOP。

かなりストレートというか、立ち上がりが軽くて速くて鋭い歌い方ですよねー、LiSAさん。
もちろん「歌いまわし」「節回し」が無いわけじゃないんだけど、かなりそっち方面の味付けはさっぱり気味で、スピードと高音の勢いで勝負!みたいな。
なんとなく、Fate/Zeroも一期のOPはこの人だったので、最近のアニソンと言えばこの人!と、俺の中ではなっとるんですが。
比較的、こういう感じで、素直で軽めの声で低音域を盛り上げつつ、高音域での伸びや勢いで勝負したり、透明感とか明るさとか可愛らしさで勝負したり、みたいな曲が、アニソンでは、そしてアニソンに限らず若い人の間で流行ってるんじゃないかなあ、と最近思います。
で、倖田來未のような、肉感的でエロティックな低音から持ち上げてく、しゃくり多用な「ディーヴァ」的なのは最近あんまり流行っとらんなあ、と。
あくまで体感レベルで、研究・考察と呼べるほどに調査したものではないのですが。


ソードアート・オンラインはEDの方も、非常にストレート系だなー。
声優ソングも最近多いけど、だいたいが素直なストレート系で、そういうものを期待されて受け取られてますよねーあんまり聞かないから確かなことは言えないけど。


あと、ストレート系な歌い方を鍛えたかったら、合唱やろうぜ!
TARI TARIもすごく評判いいし、合唱はじめちゃおうぜ!
合唱、基本とことんストレートに歌わないと色々狂っちゃうからなあ…(苦笑)。
「合唱の人は、音程とかはいいんだけどPOPS的な歌いまわしができないから、合唱以外むしろ下手になる」というのが悔しい定説ですが、今は逆に合唱人の苦手な「しゃくり」とか「過剰な節まわし」がいまいち流行ってないから、合唱で鍛えた正確な音程+αが使えれば、歌でヒーローになれるかもしれないぜ。


あと、上に紹介したボーカルスクールの考察だと、最近の「ストレート系」の定着・流行について、それが「≒節回し絶滅の危機」であり悪いことのようにも読める書き方ですが、ブコメの反応とか最近の歌手とか見てると、単に「今、ストレート系の歌い方が流行っている」という話であって、それ以上でもそれ以下でもないのかなー、と私は思ってます。
たぶん、そのうちソウルフルなしゃくり多用の歌い方も、何年かのうちにはまた流行ってくるんじゃないかなー、と。
で、個人的な根拠のない妄想では、たぶんここ十数年で消費し尽くされた感のあるR&B・ディーヴァ系からじゃなく、ここ数年でサブカルと急接近したり流行が一巡して勢いを色々蓄えてるロックンロール系から来るんじゃないかしら?という限りなく妄想に近い予想。

…こういう一周回ってカッコイイのが最近ポツポツ出始めてるし、こういうのに影響を受けてもうちょっとソフトになったようなのがさらにポツポツ出てくると、またガールズ・ロックバンドブーム来るんじゃねーか、と思ったり思わなかったり。
そうなったら、また「しゃくり」「節回し」系歌い手の需要も出てくるんじゃないかなー、と。


余談(本題とも言う)


今季、見てるアニメー。


TARI TARI [最新話無料] - ニコニコチャンネル
とりあえず、TARI TARIが面白いです…!
ついつい二回は見ちゃうね。
まあ、高校大学時代に「合唱で青春し損ねた私」としては、ときどき理想と現実のギャップとか不意のトラウマスイッチとかで悶々としてしまうのですが(笑)、これだけマジメに音楽やりながら、目で見る背景や小物の美しさやカットの適切さや動きの滑らかさも、ストーリー展開や演出も、キャラの葛藤や人間関係の見せ方も、全部手を抜かずやってるのがすごいな、と。とってもハイクオリティ。
ようやく5人での合唱になったときの、一人が何気なく歌っていたら他の人が勝手に合わせて…ってのは、合唱やってる人ならわかる、心の故郷的な心象風景というか。上手く言えないんだけど、「合唱ってこうだよな」「こうじゃないとな」と思った。


ソードアート・オンライン [最新話無料] - ニコニコチャンネル
ソードアート・オンラインも、楽しみにしてます。
だいたい私達の年代のゲーム好きなら一度は考える、「ファンタジーゲームの世界で暮らせたら!」という願望。
その願望が「最悪の形」で叶えられて、さあどうしよう…?という、緊張感あるストーリー。
その中で躍動するキャラクター、うごめく陰謀、残酷で美しい仮想世界。
そりゃあ熱くなってしまいますよ、というか、初期設定の勝利ですね。


人類は衰退しました [最新話無料] - ニコニコチャンネル
人類は衰退しました、も、楽しみ。
シュールでシニカルな笑いあり、公務員ジョークなどの大人な笑いもあり、サブカル絡みのマニアックな笑いもあり、もちろん王道なボケツッコミの笑いもあり。
とにかく笑えてほんと面白いし、絵も声も音楽もすごく統一感があって、見てる間はとことんシュールな「ようせいさんのせかい」に浸れて、日々の疲れを忘れられる感じで好き。


ココロコネクト [最新話無料] - ニコニコチャンネル
ココロコネクトも見てる。
ときどきセリフが臭すぎて何が何だか状態になるよなー、とか、主人公の自己犠牲野郎には1mgたりとも感情移入できないし他のキャラもいまいち引っ掛からんなあ、とか、あんまり良くない感想も持ってはいるのだけど、声優さんの力技がすごくてついつい惹きこまれてしまう。
そりゃあ毎回「声優の本気」タグがつくわ、そりゃあね。


トータル・イクリプス [最新話無料] - ニコニコチャンネル
トータル・イクリプスも見続けてはいる。
おっぱいはいいから、もっとロボ出せよロボをよ!