息・声の「止め方」の練習。


最近やろうかな、と思っている練習。

まえがき


ボイトレの現場では、普通は、
「息は流し続けて!」
「息の流れを決して止めないで!」
という指導が多くて、普通は、「息の止め方」なんてことは考えないことも多いですね。


しかし、一応「息の止め方の練習」をしておくと、案外便利なことが多々あります。


まず、「速い曲などで、どうしても余計な響きを残したくないときなど」に、息ごと声を止める必要が出てくる場合がありますが、練習しておくとそれをスムーズに行えること。
楽器なんかでもそうなんですが、「必要の無い響きを残さないこと」ってすごく重要なんですよね。
特にボーカルは、「音の終わり方」について無頓着になってしまいがちなんですが、たまに「息を止める練習」をすることで、「どこで音を止めるか」「どのように音を止めるか」の感覚がするどくなったりします。


それと、「とっさに息を止めて、身体に溜めをつくる」という小技が使えるようになりますね。
「もうこれ以上、息を吐けない!」という状態や、「この状態からじゃ、これ以上高い声が出せない!」ってときに、一度一瞬息を止めてみると、出せちゃうことがあるんですね。
息を止めることで、声を出し続けることでバランスが崩れた身体に「溜め」(「腹圧」とか「声帯の閉鎖」とか諸々)を取り戻し、さらに声を出すことができる…という小技があって、けっこうみんな無意識に使ってるんですけど、それを意識的に使えるようになります。


練習法


練習法と言っても特別なことをする必要は無くて、「いつもの発声練習」に、声を切るタイミングをしっかり決め、必ずそこで止めるようにするというのがまずスタート。
声の切り方、息の止め方、フレーズの「間の取り方」や終え方、「休符をどう歌うのか」という問題に敏感になる習慣をつけるのがまず大事。


それに加えて…「声の切り方」の「3パターン」を使い分けできるようにしましょう。
・横隔膜の動きを止めることで息を止める、いわゆる声を「腹で切る」方法
・声帯を閉じることで息を止める、いわゆる声を「喉で切る」方法
・息を止めずに声帯を全開にすることで声帯を振動させないようにする、いわゆる「息だけにする」方法
…この3つを、
「それぞれの特徴がわかるように、止めた時にどう聞こえるか、次の声の立ち上がりはどんな風になるか…などに注意して、色々と試してみる」
「思い通りに使い分けられるように、意識して練習」
「慣れてきたら、クレッシェンドデクレッシェンドのような音量変化や、フェイクやビブラートなどと絡めてみる」
なんて練習をやってみると、表現テクニックの幅が広がりますね。
こんな練習を、「いつもの発声練習」に組み込んでみたり、実際に歌の中で使ってみたり、お手本にする歌い手のテクに注目してみたり。


ふつーに歌ってると、基本は「腹で切る」になってくると思うけれど。
特に、息をすぐさま吸う場合は「腹で切る」方法じゃないと、胸式呼吸になってしまったり喉で変な音がなってしまったりしてしまいますもんね。
「喉で切る」と声の終わりや立ち上がりにちょっとエッジボイスを入れたりなど小技をきかせやすく、「こなれ感」をすごく出しやすいですね。
また、先ほど書いた「息を止めることで身体に溜めをつくる」というのも、やりやすいです。
「息だけにする」方法だと、逆に身体の溜めを全部持っていかれますので注意。
こちらの方法も、要所で使うとものすごい「こなれ感」が出せますね。


関連エントリ


・「声の止め方」関連の話
徳永英明に「歌心」を学ぶ! - 烏は歌う