このブログを丸4年ほど続けて。

なんか今、はてな村では「ブログ論・ブロガー精神論」がアツイらしいので。
このブログももうすぐ4年、総アクセス数も百万超え記念ということで、ちょっと振り返り記事など。


このブログ、どんな目的で更新してるの?


基本的には、「ボイトレ練習メモ」です。でした。たぶんそうです。
練習してて思ったこととか、疑問に思ったこととか、何かつかんだ!と思ったときとか、色々調べてみた結果とか、まとまらない考えをまとめてみたらこうなった的なものを書いてます。
あとは、練習に限らず、普段見聞きしている「声」「音楽」全般について、何か感銘を受けたときとか。
その辺をまとめることで、なんかまた自分のボイトレとかに生かせたらいいなー、とか思って書いてますね。


きっかけは?


このブログをはじめる前から(大学在学中〜現在)、mixiの方では、今このブログに書いているようなボイトレに関する記事をたまに書いてたんですよね。
マイミクがほとんど大学時代の合唱団仲間オンリーだったもんだから、その辺と「俺が練習で感じてること」「音楽に関する勉強の結果」とかを共有したいなー、と思って。
…でも、なんだか、リアクションもほとんどないし、むしろウザがられているような気がしてならなくて(それでも書くんだけど)、悶々としてました。


大学時代は、改めて振り返ってみると、やっぱり鬱屈してたね(笑)。
どんだけ練習しようと勉強しようと、いつまでも俺は雑魚扱いだしさー。高校からコンクール合唱やってるようなやつの発声指導や歌唱指導はだいたい感性的すぎて意味不明だしさー。なんかもっとメンバーそれぞれの「課題」とか「効率」とか意識した練習しないと上手くならない気がするのに、コンクール名門高校出のやつらは、今までやってきた「テンプレ」をこなすだけの練習しかしないしさー。俺もぶっちゃけ伸び悩んでるし、この前入った後輩とかもすげー素質あるのにそんな練習じゃ素質が花開かなさそうだしさー。
…まあなにかと不満ばっかりで、その不満を糧に練習・勉強に暗く燃えまくりました。
ただし、そんな不満まみれの人間の意見など聞く人間はそういなく、そしてまた不満が溜まり…と完全な悪循環。
ごく稀に練習改革をやれるチャンスをもらえたこともあるにはあったんだけど、どうしてもあと一歩が足りずに失敗して、また不満が溜まり信頼も失い。
それで練習・勉強にまた没頭するんだけど、環境が変わることがなく…。
(今現在も気をつけないとなりがちであり、ここ最近も少々やらかしたので、ちょっと反省している。)


そんな大学時代も終わり、割と暇になり、大学時代の合唱仲間からもまあまあ疎遠になっていくなかで、
「あー、俺、声やら歌のことばっかり考えてきた大学時代だったけど、もしかしてここで終わり?いや、歌をやめるつもりは無いんだけど、今まで積み上げてきたものは、これからどうすんの?今まで通りの活動とかできないだろうし、保てるの?俺の努力は陽の目を見ないまま終わるの?俺の歌は何者にもなれないままフェードアウトしていくの?この想いは何者にもなれないまま死ぬの?」
と漠然とした不安なのかなんなのかが頭をよぎりだし、いつの間にか「はてなダイアリー」を開設して、今まで大学時代に感じてきた色々を更新しはじめました。


それと、ちょうどこのブログをはじめた2009年前後は、「マインドマップ」がどうたらとか「ライフログ」がどうたらとか「夢をかなえるサッカーノート」がどうたらとか、
…とにかく「書き残し、カタチにすることで、練習の効率を上げたり、さらにその後のモチベーションを上げたりしよう!」みたいな運動(?)が盛んだった気がします。

夢をかなえるサッカーノート

夢をかなえるサッカーノート

そのとき盛んだったというよりは、俺が「はてなブックマーク」をそのあたりにはじめて、そういった情報に急に浴び始めただけなような気もしますが。ハックルハックル(はてな村の挨拶)。


で、まあ、ブログをはじめて今までの経験やら考察やらを書くことで、かなり落ちつつあったモチベーションが復活すればよし、たとえ復活しなくても、それはそれで、大学時代の自分の「供養」になるかなと思って、さ。
結果としては、無事にモチベーションも持ち直し、4年もブログ続けちゃってるんだけどね(笑)。
「ノートに書けよ」とか、「mixiでいいじゃん」とか、そういう風にも言われるんだけど、誰かに見てもらったり何かを「共有」したかったし、mixiじゃなんだか息が詰まりそう(というか、実際詰まっていた)だったので。
なんとなく、ブログを、その中でも何故か「はてなダイアリー」をはじめたのでした。


「個人的練習メモ」なのに、なんでこんなに「指導っぽい」というか、上から目線なの?


それは、私が普段から何故か上から目線な人間なので。…身長1hydeなのに(旧hyde換算で)。
と、言う冗談は置いといて。
あ、今、リアル知り合い一同から「冗談になってねーよ事実だろ」という声が聞こえた。ものを投げないでください。
それは、「上から目線」が、はてな村民の嗜みだから。
と、言う冗談は置いといて。
そもそも俺、自称はてな村民だけど、全く村民として認知されていない模様の弱小ブックマカーだしニッチ過ぎるブロガーだし、村の役員を目指すどころか回覧板が回ってこないレベルの底辺村民だし。


ひとつは、「せんせい口調」にすることで、色々と慎重になる、と言うより「逃げ場」がなくなるから、それを求めてこういう書き方をしていますね。
大学時代にいちおう教育関係の勉強もしてて、骨身に染みてわかったことが、「教えるためには、それについてかなり深く知っていないと無理」「教える分量の最低でも倍以上の知識・経験・準備時間は持っておかないと、まとまらないし教えられない」ということ。
だから、あえて自らハードルを上げるために、こんな感じのブログになってます。
やっぱりね、「テキトーなことは教えられん」というプレッシャーがないと、他人に読ませられるような説明文は上手く書けません、少なくとも俺には。
で、そういうプレッシャーがあると、やっぱりいつも以上に色々と調べるし、色々と自分の身体で試すし、それがまた練習のいい刺激&いい養分になるんだよね。
全部に「※個人的な感想で効能を確約するものでは〜」「※信用せず、あくまで自己責任で〜」みたいな感じで書けば楽なんだろうけどさ。それじゃ得られるものがないな、と思っててさ。


…また、「上から目線」を匂わせることで、「テキトーなこと教えてんじゃねーよ馬糞野郎!!」的なリアクションも引き寄せやすく、練習メモとしては非常に便利です。はてなを利用して記事にちょっと火をくべると、みなさん勝手に添削してくれるので(そこそこ打たれ強いメンタルの人向けの方法なので、一般にはおすすめしない)。


あとひとつは、このブログでボイトレや音楽のことを「教えたい」対象はだれなのか、という話。
それは、なにより、自分自身なんですね。
過去の、何もわからなくて苦しんでいた、そんな自分。
「昔の自分」を対象読者として想定して、そのとある実在のバカに対して諭すように書いていることがほとんどです。
そんな過去の自分にもわかるように、特に過去の自分が求めていた、
「発声ジャーゴン(発声指導に使われる謎の詩想や情操に溢れる用語)や、発声伝説(発声指導時に使われる物理法則や生命科学を超越した理論)をぶっ壊す!」
「一子相伝密教呪術的なボイトレじゃなく、もっと開かれた、理論化・文章化が可能なボイトレを(ときどきは)目指そう!」
「できるかぎり効率重視で行こう!」
的な内容がブログ執筆の重要な方針になってますね、そう言えば。


もし、自分のような迷い方をしている若い歌い手がいたら、このブログが何かの役に立つんじゃないか。立って欲しいなあ。と、そう思って更新しています。


更新してて充実感はある?


まあ、なかったら、4年も続けてないな(笑)。
練習の励みにもなってるし、更新すること自体もかなり楽しんでます。
もっとみんな、練習メモを作って公開するべき、とさえ最近は思ってます。
たぶんないけど、俺がもし合唱団指揮者とか本格的なボイストレーナーになったら、必ずひとりひとりに練習メモをつけさせて、公開させます。いきなりブログで全世界同時公開ってのはキツイから、SNSか、昔なつかし「交換日記」になると思うけど(笑)。
そんな妄想をするくらいに、楽しんでるし、役に立ってる実感はありますね。


ぶっちゃけアフィはどんな感じ?


上の俊さんの書籍みたいな感じで、アマゾンのリンクを張ることがある程度ですね。
アフィリエイト収入が目的というよりは、「簡単な商品紹介ツール(画像つき)」という感じで使ってます。
そういう人も、はてな界隈だとけっこう多いんじゃないかと思うけど。日記編集画面から、そのまま商品検索して、そのまま貼り付けられて、便利なんですよね。
「よーし、父さん書評を紹介してバンバン売っちゃうぞー」みたいな記事は今まで一回しか書いたことがなく、その結果もまあ「アフィで食うとか、無理!」という感じだったので、たぶんずっとそんなスタンスでやっていくことになるかと思います。
ぶっちゃけると、総収入は「累計で」約1万はてなポイント
4年やってこれだから、月平均2回更新として、一記事書くのに平均3時間かかるとして…時給換算したら…涙で前が見えなくなりそうなので計算はしないでおこう。

はてなブログには移行しないの?


移行めんどせー。ので、考えてないです。
今のデザインがかなり気に入ってて、移行したらそれどうなっちゃうのかなー、とか。
あと何より、「記事一覧」が便利なんですよね、はてなダイアリーはてなブログに移行したら、それ使えんの?という疑問を解決しない限りは検討もされない感じです。そして自分で調べる気がいまいち起きない現状。


文体とか、言葉遣いとか、こだわりはある?


あんまりないです。
節操ない文体がポリシーで、あえて表記の揺れとか起こしまくりますし。
例えば一人称は、完全に気分によって使い分けるから、一記事のなかでバラバラとかザラですし。
発声練習・ボイトレ・ボイストレーニング…みたいな言葉も、SEO対策と気分の問題であえてバラバラに使ってます。
あと、できるだけ普段の自分が「語りかける」言葉に近づけたいな、という気持ちがあるみたいです。
私は普段から、常体敬体入り乱れ、一人称も揺れまくる、ややエキセントリックな喋りをする人間だそうなので。そういう「そのまんまを出す」効果というかなんというかを狙ってのバラバラ感でもある。
数字の漢数字・半角・全角の混在は、単に清書するのがめんどくさいだけなので、その手の文字が混在していると発狂するタイプの人にはごめんなさい。たぶんなおりません。


ブログの読者に対して思うことは?


感謝しかないですね。ご愛読ありがとうございます。


まあ、誰も見てくれなくても俺はたぶん発信し続けるんだけどさ。
やっぱり、見られている感があると、書いているときの満足感がちょっと違いますね。


これからもこんな感じで更新していくことになるかと思いますので、たまにおつきあいいただけると嬉しいです。