それじゃあ「地声」「裏声」って一体なんなのか問題。


前回に引き続き、いわゆる「声区」に関するお話。
過去にも似たようなことを書いていて、ほとんど同じようなことを書くつもりなのです。
が、私の知識がアップデートされてたり、詳しく話すつもりの濃淡によって解説の切り口が違ったりするので、微妙に内容は異なるかもしれない。


現代的な意味での、チェストボイス・ミドルボイス・ヘッドボイス・ファルセット


「声の出し方の分類」(声区)について、「地声」と「裏声」という分け方は、身近なものではありますが、やや大雑把で感覚的かつ情緒的過ぎて、あまり詳しい話をするときには向いていません。
そこで、現代的というか科学的というか、そんな感じの「声の出し方の分類」の方法を、すっごーく大雑把に説明すると、
「チェストボイス」「ミドルボイス」「ヘッドボイス」/「ファルセット」
という3+1区の声区に分けるのが一般的です。
「ファルセット」だけ区切られているのは、それが他のものと比べて特に変わった発声法をする声区だからです。


・チェストボイス


声帯の全体が、比較的厚さを保ったまま開閉運動を起こし、振動しているときの声。


男声の場合、だいたい「最低音からmid2E〜F#(E4〜F#4)」くらいまで出せる声。
女声の場合、だいたい「最低音からhiA〜B(A4〜B4)」くらいまで出せる声。
この、チェストボイスでは出せなくなってくる音の高さを、「第一換声点」とか「1stブリッジ」とか言ったりする。


・ミドルボイス


チェストボイスより、声帯が薄くなり、かつ開閉運動を起こして振動する部分が減った(半分程度になると言われている)、チェストボイスより高音が出せる状態で出す声。


男声の場合、だいたい「mid2E〜F#(E4〜F#4)からhiA〜B(A4〜B4)」くらいまで出せる声。
女声の場合、だいたいhiA〜B(A4〜B4)からhiE〜F#(E5〜F#5)」くらいまで出せる声。
ちなみに、男声の場合は、この声区をもう「ヘッドボイス」と言ってしまう場合も多い。
チェスト・ミドル・ヘッドの3区分にする場合、このミドルボイスではもう出せなくなる音の高さを「第二換声点」とか「2ndブリッジ」とか言ったりする。


・ヘッドボイス


ミドルボイスより、さらに声帯が薄く引き伸ばされ、さらに開閉運動を起こして振動する部分が減った(1/3か1/4程度になると言われている)、ミドルボイスよりさらに高音が出せる状態で出す声。


男声の場合、だいたいhiA〜B(A4〜B4)からhiD〜E(D5〜E5)」くらいまで出せる声。
女声の場合、だいたい「hiE〜F#(E5〜F#5)からhihiA〜B(A5〜B5)」くらいまで出せる声。


・ファルセット


上の三種の声と違い、声帯が「不完全な開閉運動」を起こす(声帯の隙間が、ほとんど閉じきることがない)。
さらに、声帯の「表面だけ」が振動するという点でも、上の三種の声とは大きく違っている。
そのような特徴から、弱々しく、息漏れの非常に多い声にしかならない。


ファルセットの最低音、最高音については色々と言われていて、
「ファルセットの方がヘッドボイスより高い声が出せる!」って言う人もいれば、「ヘッドボイスの方がファルセットより高い声が出せる!」と真逆のことを言う人もいます。
最低音に関しても、あんまりハッキリはしていないけれど、とりあえず第一換声点の5度下くらいまでは出せるかなー。
そういう感じで、なかなか実体がないのがファルセット。



…と、まあ、ここまで書いてきましたが、これはあくまで「一例」でございまして。
人によって言っていることが微妙に違うことは多々あるんですよねー。
なので、この辺の話題に関しては”できるだけ「言い換えによる念押し」など「フルセンテンスでの確認」を取ることが必要”なのではないかなーと思います。前回のまとめ同様。


「地声」と「裏声」


で、「地声」と「裏声」の話に戻しますと。
上の4声種のそれぞれが、どのように「地声」「裏声」に対応するかと言うと…
「割とみんな適当に使ってる」
というのが実際です。はい。
「みんなに通じる共通の定義」みたいなものは、あまりないです。はい。


まあ、そもそも、「地声」「裏声」なんて言葉は「専門家が厳密に定めた専門用語」ではなく、「なんとなく広まった感覚的言語」ですので、厳密な「定義」なんて無くて当たり前ですよね。


とりあえず、
「チェストボイス」が「地声」に分類され、
「ファルセット」が「裏声」に分類される、
というのは、感覚的にも概ねみんなそう思うところでしょう。


難しいのは、「ミドルボイス」と「ヘッドボイス」を「地声」と「裏声」のどっちに分類すべきか、という話ですね。
まあ、そもそも元々が全く別な概念なので綺麗に当てはまるはずがないのですが。
「ミドルボイス」「ヘッドボイス」は、ファルセットと違って声帯がしっかり開閉運動を起こし、チェストボイスと基本的に同じ仕組みで音が鳴ることから、原理的には「地声」であるとも言えます。
「地声/裏声」ではなく「実声/仮声」という言い方をすることがありますが、この場合「ミドル・ヘッドボイス」は声帯の開閉運動という「実」をともなった声であり、「実声」であると言えるでしょうね。


しかし、感覚的には、「ミドル・ヘッドボイス」を「裏声」であると思ってしまう人も多いでしょう。
未熟なうちは、チェストからミドル・ヘッドに移行する場合に「声が裏返ってしまう」ことが多いですよね。
で、感覚的には、というか「裏声」という言葉のイメージ的には、「声が裏返った先」は「裏声」…と思ってしまいますよね。
なので、「ミドル・ヘッドボイス」を「芯のある裏声」とか言ったりする人もけっこういます。
(面倒くさいのは、「声帯を強めに寄せたファルセット」も、ときどき「芯のある裏声」と言ったりするので、どっちのことを言っているのか、一言ではなかなかわからないということですねえ。経験上。)


また、発声の実力が上がると「ミドルボイス」は「チェストボイス」とあまり声質の聞こえ方を変えずに出すことができるのですが、「ヘッドボイス」はなかなか「チェストボイス」と同じクオリティでは出せない人も多いですね。
そこで、聞こえ方の印象の違いから
「チェストボイス+ミドルボイス+(力強いヘッドボイス)」=「地声」
「(軽いミドルボイス)+ヘッドボイス+ファルセット」=「裏声」
というややこしい分け方をしている人もいます。
(「カラオケ音域データ」みたいなサイトは、こういう感じの分類方法が多くて困ることがある。)


とまあ、「地声」「裏声」の分け方って本当に曖昧なものなんですね。
だから、あんまり詳しい話をしたいときには使わない方がよい言葉です。
また、「地声/裏声」という区別を使う場合、またはだれかに使われた場合には、繰り返しになりますが、”できるだけ「言い換えによる念押し」など「フルセンテンスでの確認」を取ることが必要”なのではないかなーと思います。