たいへん大雑把に説明するボイトレ史。

古いボイトレ方法


現代的、科学的なボイトレ法が研究される前は、
「表情、姿勢、手や脚や腹の動きをコントロールするのだ!」という「外形上に働きかける間接的なトレーニング」
か、
「声を特定の場所に置いたり響かせたり飛ばしたりするのだ!」という「イメージに働きかける抽象的なトレーニング」
しかできませんでした(雑な説明)。


「直接的」で「具体的」なトレーニングってのは、なかなかできるものではありませんでした。
なので、
「才能がある人は模倣で伸びることもあるけど、才能無いやつには何を言ってんだかさっぱりわからん」
「トレーニングの属人性が高すぎて、あるトレーニングが他の人には全く効果ないなんてこともざら」
「声に良い気がする…と思ってたトレーニングが実は思い込みで、実は効果なかったり逆効果だったり」
ということが頻発してました(雑な説明)。


科学的ボイストレーニングの祖、御三家


で、そんな状態から、
科学の目を通して「直接的」で「具体的」なトレーニングを考えていこう
と、たくさんの人が色々と研究して色々なトレーニング法を確立していきました。


で、そんな中で特に名の知られている人をとりあえず3人上げていくと、


「コーネリウス・リード」


フレデリック・フースラー」


「リチャード・ミラー」


…の3人になるのかなー、と思う。
(ややアマチュア合唱畑の人間っぽいチョイス)


雑に説明するコーネリウス・リード

ベル・カント唱法―その原理と実践

ベル・カント唱法―その原理と実践

(1950年に原著が出版)


・キーワード→「声区の融合」「母音の純化


・現在よく言われている「ミックスボイス」とかの理論の元祖に当たる人
・「声区」という概念の整理と、それを融合させる方法を研究した
・いわゆる「胸声」と呼ばれる声と「頭声」と呼ばれる声では、声帯まわりの筋肉の使われ方が違うことを解明
・「胸声」と「頭声」を鍛え、その声区の間の切り替えポイントを解消して「中声」を使えるようになろう、という考え方
・それまで「経験」や「イメージ」でのみ伝えられてきた「複数の声区をまたいでも滑らかに発声する方法」を、科学的に解明しようとした


・具体的な方法として、声帯の使い方や呼吸法や共鳴のさせ方についての考察を行ったが、その中でも「母音の純化」という概念は重要で、かつ現代にも通じる部分がある
・「母音の純化」→適切に「母音」をコントロールすることで、声帯や共鳴の状態を適切にコントロールできる、という考え方


・弱点としては、元祖だけあって「やや古い知識」で書かれている部分が多いため、ごく最近出てるようなボイトレ本とは若干内容が違っていますね
・特に、「2声区+融合声区」という考え方は、今主流の「3声区+α」理論とは似てるけど根本的に違うので注意


・ちなみに日本で有名なYUBA先生はリードの弟子らしいよ


雑に説明するフレデリック・フースラー

うたうこと 発声器官の肉体的特質―歌声のひみつを解くかぎ

うたうこと 発声器官の肉体的特質―歌声のひみつを解くかぎ

(1965年に原著出版)


・キーワード→「歌うための肉体」「アンザッツ(声を当てること)」


・発声に関わる構造(特に声帯、喉頭などの筋肉の働き)を解剖学的に徹底的に研究した人
・「○○(顔とか胸とか)に声を置く」とかいう、伝統的発声訓練でもよく言われる意識をしたとき、声帯や喉頭の筋肉などがどのように働くかを解明した
・「(顔とか胸とかに)声を置く」イメージで発声したときに、本当にその特定部位が共鳴するわけではなく、声帯の振動の状態や声道(喉や口)の状態が変わることによって声が変わるのだ、というパラダイムシフト


・イメージではなく、科学的な現象として「声を当てる」トレーニングを整理→「アンザッツ」
・たくさん(7つ前後)の「アンザッツ(当て方)」を提唱
・全ての「アンザッツ」をバランスよくトレーニングすることで、人間本来の持つ「歌うための肉体」を取り戻すことができる
・現代的な暮らしの中(言語以前の原始的な発声を忘れてしまった身体)では、適切なトレーニングをしなければ「歌うための肉体」が失われた状態になる
・歌手であっても、偏った「アンザッツ」ばかり練習することや、偏った「アンザッツ」にこだわった歌唱をすると、「歌うための肉体」は失われ、不健康な声、不健康な歌唱になる
・声帯と共鳴だけでなく、呼吸についても自然志向


・フースラーに対する批判は色々あるけど、「とにかく自然バンザイ!」という思想はとかく批判されやすいものである
・また、アンザッツ理論に対する間違った理解と、その間違った理解に基づく批判もたいへん多い


雑に説明するリチャード・ミラー

歌唱の仕組み

歌唱の仕組み

(1985年に原著出版)


・キーワード→「歌手のフォルマント」


・それまでの解剖学的な発声理論に「周波数帯分析」などの音響学的アプローチも加え、発声理論のさらなる現代化をした人
・フースラー、リードよりはちょっと後の時代の人で、これらの良い点をまとめつつ、科学の発展により誤りとわかった部分を正した


・音響分析などを活用し、良い発声に共通するフォルマント(倍音構成)として「歌手のフォルマント」を提唱
・「歌手のフォルマント」を実現、保持するための方法を様々な面から具合的に提示


・正直まだ全然読めてないのでもう少し勉強させて


その他、現在のボイトレの潮流など


などなど、とりあえず3人紹介しましたが、いわゆる「現代的なボイストレーニング」を提唱しているところは、だいたいこの3者の影響を受けていると考えていいかなーと思います。


・無理な力は入れるだけ害
→「自然」、つまり人体の本来の働きを解剖学的に知り、それに沿った発声をしよう
→変な表情を固定したり、特殊な呼吸法を行ったりはしない
・声区を滑らかに行き来できるようになろう
→そのためには声帯や声道が適切な状態にある必要があり、姿勢から何から大切なんだけど、特に「母音」は超重要
→声区は声帯の振動の仕方の違いによって生じるから、それに沿ったコントロールが必要だよ
…みたいな。
だいたい、必ずこの辺は共通していると思います。


例えば、最近流行っているボイストレーニング法と言えば、「Speech Level Singing」というのを本当によく聞きますね。
どいつもこいつも二言目にはセス・リッグスかよという感じですが、実際すごく整理されてて勉強になります。


Podcast by SLS master instructor John Henny|桜田ヒロキ ヴォーカルスタジオ


この辺はミラーの志向よりちょい軽めの声だったりするのかなあ、と思ったりもしますが、上に書いたような共通点は確実にありそう。


余談1


「身体の仕組みを知って」「ニュートラルな状態をつかめば」「そこから重くする(クラシックっぽくする)のも軽くする(POPSっぽくする)のも自由自在!」って考え方が私は好きなのですが、そういう考え方を実現するためにとても役立ちそうなのがこの本。


歌手ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

歌手ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

  • 作者: メリージーン・アレン,クルト=アレクサンダー・ツェラー,メリッサ・マルデ,小野ひとみ,若松惠子,森薫
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2010/04/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 15回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る


科学的なボイトレの入門書にはぴったりの1冊。
「身体のこの部分をこうすると、こうなるよ」というのはたくさん書いてあるけど、それを「こうするのが正解」という書き方ではなく、「どうするかはあなた次第」という書き方が多くて、まあ現代的だなあと。


余談2


リードやフースラーの話を改めて少し調べてたら行き当たったサイト。


ボイストレーニング論 | 語り部のほとりで


うちのブログより詳しいよー。