共鳴に関するイントロダクション。

共鳴について


声帯で鳴った音は、それだけでは小さく、また言語的な意味も音楽的美しさも持たない、本当に単なる雑音みたいなものです。
(とは言え、声帯原音がどうでもいいってわけじゃないけど。)
その音を、「共鳴」させることで「音量」「音質」を整えることによって、ようやく「声」と呼べる音になります。


共鳴する場所


基本的には、声帯の上の「喉頭腔」という空間から「咽頭腔」、そして「口腔」という空間が、人間の声の主な共鳴腔となります。
声帯から、のど、口を通って唇までの空間ですね。


発声について調べてみると、よく「低音は胸に響く!」みたいなことを見かけるかと思うのだけれど、それはあくまで「感覚」「イメージ」の話であって、実際に胸が特殊な共鳴を起こしていたり、それが声に明らかな影響を及ぼしているということは実際には無いようです。


「鼻腔共鳴」とか「頭部の共鳴」とかも同様。
「鼻に響かせよう」とすることで、口腔や咽頭腔の形が変わり、それによって声の状態が変わることもある、というのが実際のところのようです。
本当に「鼻腔に強く響いている声」というのは、あらゆる母音に常に「n」の音素が混入した「鼻音」という状態になりますので、これが良い声かというと…あんまり言えない場合が多いです。


共鳴腔の大きさについて


共鳴腔の大きさについては、「音の高さや声質に応じて、ほどよい大きさ」であることが重要です。


「共鳴腔は広ければ広いほど良い!」と思っている人も多かったりするようですが、大きすぎるのも問題があります。
楽器などを思い浮かべてみればわかりやすいのですが、基本的に
「音が高く、細い楽器ほどボディが小さい」
「音が低く、太い楽器ほどボディが大きい」
という仕組みになっております。
人間の声も同様に、高い音はあまり共鳴腔を広げすぎても上手く響かなかったりしますし、また声質が音高に対して太くなりすぎて気持ち悪くなったり、むりやり共鳴腔を広げようと力むことで声に悪影響が出たりもします。
もちろん、共鳴腔が狭すぎれば、声量も出てきませんし、声質も細すぎて貧しい声になったり、上手く口内の筋肉が使えなくなったりします。


「ちょうどよい」共鳴腔の状態になっているかどうかチェックするには…
もうほぼコピペですが、とりあえず無難な目安としては「3オクターブ前後の声域を、できる限り滑らかに繋げて出せるようになること(ミックスボイスの実現)」ができていれば、とりあえず「ほどよく共鳴腔を広げる」ことのバランスは取れていると言えるかな、と。
ミックスできずにどっかで「共鳴腔広すぎ」「狭すぎ」の症状が出るようなら、そこで共鳴腔を広げたり狭めたりすると良い。


とりあえず王道の練習法としては、
「とりあえず、色々な出し方で色々な音域の声を出してみる」
「それを先生に聞いてもらう」
「どこでどうなってるのか教えてもらう」
「修正する」
というステップを踏まないといけない。
先生がいなければ自分で判断するしかないけれど、自己診断というのは非常にとても大変スーパー難しいので、できる限り信頼できる人についてやったほうがいい。


共鳴腔の変化をどのくらいつけるかについて


共鳴腔の大きさや形は、「音の高さ」や「母音(声質)」によって変化が必要なわけですが、これを「どの程度変化させるのか」というのが非常に難しい。


大きく変化させた場合…
・母音が一音一音はっきり変化するため、滑舌よくハキハキと聞こえる
・高音も低音も出しやすくなり、出せる音域が広がりやすい
・口内の筋肉がよく動くため、適切な力を込めて声を出しやすくなる
というメリットがある一方、
・一音ごとに声質が激しく変化するため、言葉が不自然になり、逆に聞き取りにくくなってしまうこともある
・高音と低音で声質が激しく違ってしまうため、表現上不利になってしまう場合もある
・口内の筋肉が動きすぎて、変な力みが生じてしまうことがある
というデメリットも生まれてきます。
共鳴腔をあまり変化させない場合は、この真逆の状態になります。


なので、この辺りも「ちょうどよい状態」を探っていく必要があります。